熊本の木の家 ?LCCM提案住宅?

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

住宅

住宅や住宅設備

新産住拓株式会社(熊本県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

地場産の木材を活用し、湿度が高く寒暖の差が激しい地域特性を考慮したプランニングを採用、地域性を強く意識したコンセプトに共感出来る。

熊本の木の家 ?LCCM提案住宅?の概要●敷地面積251.90㎡の北側道路(幅員6m)の条件のもと、1階床面積81.22㎡、2階床面積64.98㎡、延床面積146.20㎡、100%国産の天然乾燥・森林認証材を活用して空間デザインを行なった。
●地域コミュニケーションを目的とした木質感溢れるアプローチに隣接する北庭は、敷地を有効利用し、ゆとりを感じさせる。
●リビングには、風の道や室内外の広がりに配慮した南北の窓と、そこに繋がる北庭とウッドデッキで抜け感を演出した。
●熊本の気候風土を熟知し、窓からは光と風・植栽をのぞみ、森の中に居るような植栽計画とした。
達成しようとした目標●地域コミュニティの形成に役立つ間取り提案 ●木材流通システムの構築による生産時のLCCM ●空調に頼らない、自然エネルギーを活かした居住時のLCCM
プロデューサー新産住拓株式会社 代表取締役社長 小山英文
ディレクターダイシンインテリアデザイン 式田完
デザイナー新産住拓株式会社 設計デザイン部 川本哲也,橋口衛,青木康太郎,内田貴子,宝亀未来子
熊本の木の家 ?LCCM提案住宅?のデザインについて●「こけこんね(こちらへいらっしゃい)ひろば」は、人を呼びこみたくなるような地域コミュニケーションを促進する。
●リビングの延長となる「茶なっと(お茶でもどうぞ)デッキ」は、夏は日陰・冬は日向をつくりだし癒しの空間。
●気候風土を考慮し、空調に頼らない生活時のCO2の削減を可能とするデザインを提案した。
●天然乾燥と、輸送距離を短くする木材流通・システム構築で、CO2削減に取組んだ。
熊本の木の家 ?LCCM提案住宅?はどのような使用者・利用者を想定したか●安心して健康に住まうことを願う、空気品質に敏感な子育て世代。
●地球環境保全や、地域コミュニティー形成に興味のある方。
●熊本の林業の活性化など、郷土愛のある方。
●長期優良住宅に興味のある方。
熊本の木の家 ?LCCM提案住宅?はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか●100%国産の天然乾燥・森林認証材を使用することで、地球環境保全としてCO2の削減が可能となる。
●気候風土に配慮した間取りで、自然エネルギーを活かし、光の変化・風の変化を楽しみながら、空調機に頼らない、生活時のCO2排出量の削減。
●自然素材にこだわることで、良質な空気品質を得た。
●長期優良住宅として、長く価値のある住宅。
その問題点に対し、どのように対応したか●自然の風の流れによる採涼計画、適宜な開口部による採光計画。
●化石燃料を使用しない天然乾燥材。
輸送距離を短くする木材流通の確立。
●森林認証材の活用。
どこで購入できるか、どこで見られるか新産住拓株式会社 第8期光の森モデルハウス(熊本県菊池郡菊陽町光の森)
熊本の木の家 ?LCCM提案住宅?をもっと見る・購入 楽天市場で熊本の木の家 ?LCCM提案住宅?を探す

amazonで熊本の木の家 ?LCCM提案住宅?を探す

Yahoo!ショッピングで熊本の木の家 ?LCCM提案住宅?を探す

Yahoo!オークションで熊本の木の家 ?LCCM提案住宅?を探す
オフィシャルサイト http://www.shinsan.com/as_co_event2/file_name/jj8327102503

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン