エデンフィールド

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

賃貸集合住宅

住宅や住宅設備

イーデン電気技研株式会社(福岡県) 有限会社Y設計室(福岡県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

柱梁以外を全て乾式にするという、集合住宅としては大胆な取り組みが評価された。

階高を上げて床下やロフトに利用しているのも意欲的である。

ファサードや屋上庭園にも工夫がみられる。

エデンフィールドの概要多様なライフスタイルに応えるとともに、将来的な賃貸需要の変化にもフレキシブルに対応するために、スケルトンインフィルの考え方でつくった集合住宅である。
柱梁以外を全て乾式部材とすることで住戸ユニットの大きさを可変とし、外壁開口部の位置変更にも対応した。
また各階の階高を3.6mとすることで十分な床下空間を確保し、水廻りの位置に制約を設けない。
居室部には床下収納とロフトを設け、断面的な空間利用をはかった。
屋上は、雨水利用による入居者のための農園とした。
単なる庭園としての共用空間を提供するのにとどまらず、住人相互のコミュニケーションの場とすることで、集まって住むことのメリットのひとつになると考えた。
達成しようとした目標多様なニーズに応えることで入居率を高め、断面的な空間利用や屋上農園といった付加価値を与えることで、周辺の賃貸住宅と差別化をはかり市場での優位性を確保すること。
また、構造躯体の高耐久化と設備の可変性、更新性を確保することで、入居者退去時の補修、中長期的な修繕を容易なものとし、メンテナンス経費の軽減化をはかった。
さらに将来的な需要の変化にも対応可能とすることで、賃貸経営リスクの低減化を目指した。
プロデューサーイーデン電気技研株式会社 井手勝美
デザイナー有限会社Y設計室 家原英生
エデンフィールドのデザインについていわゆる「デザイナーズマンション」の中には、高い階高やプランのバリエーションを特徴としているものも多いが、それらはえてして「固定化された特殊解の集合」である。
そこでは「部屋割りのパズル」におけるルールを複雑化することで(たとえばメゾネットやテラスを駆使して)個別化を競う傾向にある。
それに対し、ここではむしろパズルのルールをできるだけ無くすことで、多様性を許容する自由度を獲得することを目指した。
エデンフィールドはどのような使用者・利用者を想定したか建設する住戸タイプ(広さ)の検討にあたり、この地域においてはどのような需要が見込めるか、周辺の賃貸住宅分布とその入居率の調査分析を行った。
それによれば、現状では家族向けと単身者向け住宅が混在し広さも多様であり、将来的な変動を含め、賃貸需要の予測はやや困難と思われた。
エデンフィールドはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか住棟内外の壁は、柱梁以外をすべて乾式部材とすることで住戸の区画を固定化せず、間取りのみならず規模までも可変とし、外壁開口部の位置変更にも対応した。
住戸の構成は、竣工時点ではワンフロア4戸及び6戸のすべてプランの違う全10タイプとしているが、将来的には賃貸需要の変化に応じ、ワンフロア2戸から8戸まで様々な分割を可能とした。
その問題点に対し、どのように対応したか住戸内の設備は、インフィルとして構造躯体から分離した。
住戸内には上下に貫通する共用設備を一切通さず、すべて共用廊下側のオープンパイプスペースで連結される。
換気扇や縦配管への接続を含め、梁貫通は一切無い。
また給排水設備のみならず、住戸内は電気設備配管も含め一切の打込み配管を行わない。
すべて床、壁、天井の仕上げ厚の中で配管配線されている。
どこで購入できるか、どこで見られるか福岡県大野城市仲畑3-2-33
エデンフィールドをもっと見る・購入 楽天市場でエデンフィールドを探す

amazonでエデンフィールドを探す

Yahoo!ショッピングでエデンフィールドを探す

Yahoo!オークションでエデンフィールドを探す
オフィシャルサイト http://homepage3.nifty.com/y-sekkeishitsu/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン