手摺り

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

手摺り

家具・インテリア用品

河合製巧株式会社(愛知県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

住宅の手摺は、機能優先が目立ち、住宅の表情との整合性が軽んじられることが多い。

この手摺は支持金具を見えなくして、シンプルであり、施工時間の短縮化もはかられた構造である。

多様な樹種が用意され、木質空間に上質な佇まいを創出する。

今後は四角形の断面形状に今一つの工夫を期待したい。

手摺りの概要住宅内で使用されている手摺りは、タモ・ゴム・カバなどの材料を丸い断面形状に加工した物が多く、それを支える金具は表に見えている物がほとんどです。
また、職人の技量によって施工時間が長くかかったり、仕上げにばらつきが出たりしています。
この商品は、そういった物とは異なり、意匠面ではウォールナット・メープル・オーク・ブラックチェリー・アッシュなどの銘木素材を使用し、丸ではなく四角形の断面形状を採用しました。
また、支える金具が見えない構造になっているため、シンプルでスッキリとしたデザインの意匠を実現できています。
施工時間についても短縮でき、職人の技量による仕上げのばらつきが起きにくい工夫がされています。
達成しようとした目標「上質で、高級感のある意匠」「シンプルでスッキリしたデザイン」「施工時間の短縮」「地球環境に配慮したもの」「人に対して安全であること」などを目標として取り組みました。
プロデューサー河合製巧株式会社 営業部 藤田有路
ディレクター河合製巧株式会社 営業部 藤田有路
デザイナー河合製巧株式会社 営業部 藤田有路、浅井三義、沢田成輝
手摺りのデザインについて「手摺りは安全な物でなければならない」 これを大前提としながら、従来からある手摺りの固定観念を一つずつ取り除いて開発しました。
内装材の多くは、機能的にも、デザイン的にも進化し、優れた商品が多く出ていますが、手摺りは、機能、デザイン両面において進化しているとは言えませんでした。
この手摺りをご使用いただくことにより、ご使用者様の生活に豊かさが生まれるお手伝いができればという思いで商品作りを致しました。
手摺りはどのような使用者・利用者を想定したかスタイルへのこだわりや豊かさを求めている方。
建築物を設計される方。
手摺りはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかご使用者様が、快適な生活や心の豊かさを得られることを実現しました。
また、設計される方が、お客様の要望や自身の表現を具現化できるアイテムとして使用できることを実現しました。
その問題点に対し、どのように対応したか1.従来は、製造過程で出る端材は廃棄したり、焼却したりしていましたが、その端材を最大限利用することにより、廃棄物を削減し、CO2の排出量を減らすことができました。
 2.素材や接着剤は、ホルムアルデヒドの放散量が最も低い等級であるF☆☆☆☆製品のみを使用し、塗料はVOCのトルエン、キシレンなどを排除した製品を採用しています。
どこで購入できるか、どこで見られるか河合製巧株式会社
手摺りをもっと見る・購入 楽天市場で手摺りを探す

amazonで手摺りを探す

Yahoo!ショッピングで手摺りを探す

Yahoo!オークションで手摺りを探す

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
家具・インテリア用品の人気グッドデザイン