baguette life

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ダイニングセット

家具・インテリア用品

飛騨産業株式会社(岐阜県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

木材の有効利用の観点から、今まで廃棄されていたナラの端材に着目してデザインされた家具。

手間を掛けながら、コストを押さえる工夫をしつつ優しい手触り感をもつ親しみやすい家具に仕上がっている。

端材の付加価値を高めるため、色の濃い心材と比較的薄い辺材の色身違いを美しく調和のあるグラデーションに構成し、新しい価値を創出している。

baguette lifeの概要木材の有効活用という観点から、今までは捨てられていた端材の活用に着目した。
また端材を活用する家具デザインを五十嵐久枝氏に託した。
五十嵐氏は、端材の付加価値を高めるために、木の心材と呼ばれる色の濃い部分、辺材と呼ばれる色の薄い部分をグラデーションに並べてテーブルの天板や椅子の座板に使用することを提案され、その方向で製作を試みた。
さらに椅子の背板も同様に配置し調和を計った。
それにより、雑多な印象の強い端材が、美しく調和のとれた魅力的な素材に生まれ変わった。
達成しようとした目標木の端材による家具ブランドの構築。
プロデューサー飛騨産業株式会社 代表取締役社長 岡田 贊三
ディレクター飛騨産業株式会社 デザイン室長 中川 輝彦
デザイナー有限会社イガラシデザインスタジオ 五十嵐 久枝
baguette lifeのデザインについて“ナラの端材を使用してイスを造る。
”端材を使い手間はかけながらも、値段を落とす工夫と努力を重ね、より親しみやすい家具を目指した。
有機的な丸みを帯びた形、なめらかな手触り、端材そのものの色を活かしたグラデーション。
ナチュラルな仕上げで、使うほどに味わいが増す。
端材を使うという制約があったからこそ生まれたデザイン。
大人になっても使えるキッズチェアもあり、子供から大人まで末永く使って欲しいと願っている。
baguette lifeはどのような使用者・利用者を想定したかものを選ぶ時に、ものの背景にあるストーリーに共感してくれる子育て世代の家族に向けて。
baguette lifeはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか今までにはない形で木の魅力を表現した。
端材を使用することで、コストダウンを実現できた。
その問題点に対し、どのように対応したか①端材をグラデーションに接着し、付加価値の高い素材へと進化させた。
②本来捨てられるべき木材を有効活用することで、CO2の軽減等にも貢献できた。
③キッズチェア等、限られた時期に使用するアイテムについては、大人になってからも使える仕様とした。
どこで購入できるか、どこで見られるか飛騨の家具館 東京・大阪・名古屋・高山
baguette lifeをもっと見る・購入 楽天市場でbaguette lifeを探す

amazonでbaguette lifeを探す

Yahoo!ショッピングでbaguette lifeを探す

Yahoo!オークションでbaguette lifeを探す
オフィシャルサイト http://www.kitutuki.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
家具・インテリア用品の人気グッドデザイン