GINA

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

木製椅子

家具・インテリア用品

株式会社宮崎椅子製作所(徳島県)

2010年度 中小企業庁長官賞 受賞

数々の優れた椅子を生み出してきた宮崎椅子製作所。

この度もその優れた技術を存分に味わうこととなった。

どの椅子にも共通する木フレームの手触りの良さは、木の椅子の価値をさらに高めたといえよう。

和から洋、サイズやデザイン性、様々な役割と使用を想像し、環境に合うベーシックなものから洗練された椅子まで多くをつくってきている。

社名に「椅子」を入れるほど椅子に対する相当の思いと拘りがある企業なのだろう。

構造や制作方法には独自の研究と発想があり、さらに外部デザイナーとのワークショップ開発方式やデザイナーの育成には、新しさへの取り組み意欲が伺える。

製造者、販売者、使用者との関係も従来型ではない次の関係を模索し続けている。

その努力成果のひとつが価格に現れているところが素晴らしい。

メンテナンスとアフターサービスも考慮され、多くのユーザーを惹き付け、満足させている理由が製品「椅子」から見えてくる企業のように思う。

GINAの概要主に住宅等の生活空間にて使用される木製椅子。
椅子としての機能性はもちろん、空間における佇まいを意識してデザインされている。
達成しようとした目標10年間継続している工場でのワークショップ方式による開発は、ブランドの確立とともに 社内の技術者やデザイナーの育成、そして新しい販路の開拓にも関与しています。
椅子のデザインが単に製品をつくるという事でなく、製造者、販売者、使用者の新しい関係を 作り上げる事を目標としています。
デザイナー村澤一晃
GINAのデザインについて普通である事と新しい事は両立させることができると考えています。
そのために必要なのは、デザインを単に造形としてとらえるのではなく、生産背景を意識しながら素材や技術の個性を 工場と一緒に考えてゆくことです。
ベーシックでありながら新鮮な印象を持つデザインは、多くの人の関わりから生まれるという 事実を大切にしてゆきたいと思います。
GINAはどのような使用者・利用者を想定したか一般の生活者。
生活に自分らしさをを求める人たち全て。
GINAはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか木製椅子は日本文化においてもっとも生活者になじみのある道具の一つで、使い方次第では 長い年月での使用が可能です。
消耗される道具としてではなく、継承される道具として、「飽きのこないデザイン」「使い込む事で馴染む質感」「メンテナンスしやすさ」 「丁寧なアフターサービス」を意識して開発しています。
その問題点に対し、どのように対応したかデザインはもちろん、構造的な裏付けやメンテナンス対応をすることで、間接的ではあるが環境への 負荷の軽減にもつながると考えています。
どこで購入できるか、どこで見られるか主にインテリアショップ
GINAをもっと見る・購入 楽天市場でGINAを探す

amazonでGINAを探す

Yahoo!ショッピングでGINAを探す

Yahoo!オークションでGINAを探す
オフィシャルサイト http://www.miyazakiisu.co.jp/Miyazakiisu/gina.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
家具・インテリア用品の人気グッドデザイン