サササ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

カップ

食卓・調理用品

株式会社ミヤマプランニング(岐阜県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

日本的な竹をモチーフにモダンにデザイン処理したカップのシリーズ。

肉薄なので、径が大きなサイズでも繊細な印象があり、きれいにデザインされています。

竹モチーフのパターンが主張しすぎないところが全体感を引き立てています。

サササの概要伝統的な日本の美意識を現代に即した道具として開発した白磁製の薄手のカップ。
ショットグラス・オールドグラス・タンブラーなどの4アイテムからなり、お茶以外にもビールやウィスキー・焼酎・ワインなどアルコール飲料での使用も可能なサイズとなっています。
その特徴は、素材の美しさを『安心な道具』として伝わるよう、1330度の高温焼成で生地自体をガラス化させ、汚れを落とし易くした上で、カップの外側に釉薬を掛けず、土本来のしっとりと柔らかな質感を生んでおり、食器洗浄乾燥機でも使用可能です。
また、排泥鋳込み成型により非常に薄く均一に成型されている為、障子のように日常の明かりでほのかに透けます。
達成しようとした目標お土産品や特別な器としてではなく、海外で日常の生活道具として日本独自の美意識を持った器を展開したいという思いより開発を行った器。
土の質感やほのかに透ける様を通して、日本のやきもの文化を伝えることを目的としています。
デザイナー株式会社ミヤマプランニング チーフプランナー 柴田正太郎
サササのデザインについて土に携わる人間として、日本人の愛した土の質感を、押し付けではない形で海外で生活する人々の日常に伝えたいと思い開発しました。
そのため、素材の魅力を伝える事と飲み物を美味しく楽しめる事を第一義に、形状はできるだけシンプルに、機能はできるだけしっかりとさせたいと思い、新たな製造技術や絵具の開発に挑みました。
サササはどのような使用者・利用者を想定したかお酒を主に食生活を楽しみたいと感じる人。
サササはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかできるだけ多くの人が使えるようアイテムをカップに絞込み、そのサイズバリエーションを日本酒・ワイン・ウィスキー・ビール・焼酎など様々なお酒で使う事のできる展開とした。
また、香りを楽しむ為に側面が内側に傾斜したフォルムとなっていたり、良い口当りの為の口元のわずかな反り返りなど美味しく楽しむ工夫がされています。
その問題点に対し、どのように対応したか単に日本的美意識を盛込むのではなく、海外の生活に合うよう、やきもの好きの日本人のように『汚れるのも味』という事ではなく、土の味わいを保ち、汚れも落ち易くする為、高温焼成で生地をガラス化し、その後、口元にダイヤモンド研磨を行う事で、釉薬が無くても汚れが染み込み難くした。
また、絵柄も特殊な調合により開発した絵具で描かれ、高温焼成時に焼付けられている為、食洗機の荒い扱いでもはがれる事なく使用可能とした。
どこで購入できるか、どこで見られるかDesignBooks(東京:五反田)、AllaboutStylestore(ネット)、JapanDesignNet(ネット)
サササをもっと見る・購入 楽天市場でサササを探す

amazonでサササを探す

Yahoo!ショッピングでサササを探す

Yahoo!オークションでサササを探す
オフィシャルサイト http://www.miyama-web.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
食卓・調理用品の人気グッドデザイン