金八みかん

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

みかん

パッケージデザイン

かどや化粧品(和歌山県) sugiyama design(埼玉県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

みかんのブランド化を可愛らしいアイコニックなキャラクターで表現し、単なる包装であるダンボールをチャーミングなものにしている。

発信性や展開性も高いデザイン。

金八みかんの概要和歌山県有田地方の幻の品種と言われた「金八みかん」1972年に新品種として有田郡金屋町(現有田川町)で栽培され、町名の「金」と品番の「k-108号」から名付けられた。
赤ちゃんでも食べられるほど果実を包む皮がとても薄く、濃厚な甘味と食感の良さが特徴。
が、その皮の薄さが災いし、果実が育つ途中で皮が裂けるなど栽培が難しく、産地化に取り組む動きがなかった。
それから37年後。
「地域限定で埋もれるのは惜しい。
採算度外視でも、この美味しさを日本全国に届けたい」という思いから、全国販売が実現しました。
達成しようとした目標地域限定で埋もれるのは惜しい。
この美味しさを日本全国に届けたい。
という思いから、現時点での生産可能な1000箱完売が目標です。
プロデューサー:北野拓、成田隼也 コピーライター:成瀬雄太
ディレクター杉山紘一
デザイナー杉山紘一
金八みかんのデザインについて「金八みかん」がきっかけで、人から人へ繋がるコミュニケーションを展開できればと思い、“もらって嬉しい、贈って嬉しい”をコンセプトに、プレゼントのラッピングのようなデザインを考えました。
食べきった後は子供のおもちゃ箱などに、二次使用したくなるような捨てられないパッケージを目標としました。
金八みかんはどのような使用者・利用者を想定したか離れて暮らす家族や友人にプレゼントやお歳暮として贈る方々を想定しました。
金八みかんはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか味の美味しさとプレゼントのようなデザインなので、贈られ喜ばれ、贈り喜ばれ、たくさんの方々から喜びのお手紙を頂きました。
どこで購入できるか、どこで見られるか自社ホームページ
金八みかんをもっと見る・購入 楽天市場で金八みかんを探す

amazonで金八みかんを探す

Yahoo!ショッピングで金八みかんを探す

Yahoo!オークションで金八みかんを探す
オフィシャルサイト http://www.kinpachimikan.com

関連するグッドデザイン

化粧品の写真

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
パッケージデザインの人気グッドデザイン