テテオ マグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

離乳用飲料容器

雑貨・生活用品

コンビ株式会社(東京都) 有限会社デザインスタジオエス(東京都)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

乳幼児の成長の段階に合わせて、数種の機能パーツを交換して使う本製品は、異なる機能を一つのシリーズにまとめていくシステム性と、赤ちゃんと保育者という2つのユーザーのニーズと機能、商品の特徴・立脚点となるコンセプトという複合的な要素がバランス良く具現化され、同様の商品群の中で新しい世界観を提案している点について評価しました。

ユーザーにとって持つこと、使うことへの喜びを感じる完成度があるデザインだと感じました。

テテオ マグシリーズの概要離乳用マグは、赤ちゃんが自分で飲むことをトレーニングできるように考えられた飲料容器である。
テテオマグシリーズは、乳首、スパウト、コップ、ストローの4タイプで構成される。
赤ちゃんのお口の発育をステップごとに研究し、複数の食具の連携によって口腔発育を支援する「スムーズごっくんサポートシステム」として提案する。
さらに、操作性・洗浄性など基本的な使いやすさや、外出用品として重要な漏れにくさなど、利便性を追求した。
外観デザインには赤ちゃんの「自ら育つ力」と、それを支える知性・機能性のイメージを採り入れ、上品でファッショナブルなカラーと組み合わせることで商品特性を表現。
高い機能性と使う楽しさを実現した。
達成しようとした目標離乳期は食べる訓練に加え飲む訓練も重要である。
発育の適切な支援とともに、訓練しやすさのため、こぼす・汚すなど保育者の負担軽減と、楽しんで使えることも大切。
訓練の機会が増せば、飲み方の上達からこぼす・こぼれることも減り、負担軽減をさらに期待出来る。
このため、トレーニング機能と基本機能の両軸を充実させ、持つことに満足できるデザインを採用した。
育つことの喜び、育児することの喜びを感じてもらうことが目標。
プロデューサーコンビ株式会社 プロダクトセンター マネージャー 松原範宜
ディレクターコンビ株式会社 プロダクトセンター シニアスタッフ 一志学/POCグループ マネージャー 佐伯康広
デザイナーコンビ株式会社 プロダクトセンター 鈴木博久、川田敬弘、細谷美穂+柴田文江 design studio S 代表
テテオ マグシリーズのデザインについて育児というかけがえのない時間を大切に、そして丁寧に過ごしてほしい。
飲むトレーニングを補助するプロダクトでありながら、赤ちゃんの発育をママも一緒に楽しめるようなシーンを提供したい。
テテオ マグシリーズはどのような使用者・利用者を想定したかベビー用品は得てして、主な使用者として保育者を想定しがちだが、本製品の使用者は第一に離乳期の乳幼児を想定している。
保育者の利便性ばかりに偏った商品とすることなく、「本当に子供のためになる製品」という観点から乳幼児を第一に考え、製品機能について科学的に検証を行った。
加えて、育児をする全ての人々に対して、ストレスの少ない育児が出来る支援となることを目指した。
テテオ マグシリーズはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか第一に本来の使用者である乳幼児に対し、育ちたいという意欲に応え、健やかでスムーズな身体・口腔発育の支援という価値を提供。
保育者に対しては、漏れにくさや操作性の容易さなど、家庭内のほか外出時にも使いやすいものとなっている。
赤ちゃんの周りの全ての人が育児参加しやすいという価値から、母親の負担軽減という価値にも繋がる。
育つことの喜び、育児することの喜びを全ての人々が感じ、共有できるという価値を提供する。
その問題点に対し、どのように対応したか哺乳、離乳、自分で飲む、手や道具を使って食べる、歯の手入れなど、赤ちゃんが習得する様々な口まわりの発育過程を統合的に考えることが、その後の赤ちゃんの成長のために重要だという考え方に基づき、様々な専門分野を統合する学際的な研究の推進を目指した。
「おっぱいからはじまる口腔発育」をメインテーマとした一貫性のある研究を製品開発に反映するとともに、この製品を通じて発達支援、情報発信を行っていく。
どこで購入できるか、どこで見られるか全国のベビー用品専門店、百貨店・スーパーマーケット等のベビー用品売場他
テテオ マグシリーズをもっと見る・購入 楽天市場でテテオ マグシリーズを探す

amazonでテテオ マグシリーズを探す

Yahoo!ショッピングでテテオ マグシリーズを探す

Yahoo!オークションでテテオ マグシリーズを探す
オフィシャルサイト http://www.combi.co.jp/products/mug/teteo_balloon/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
雑貨・生活用品の人気グッドデザイン