モノブロック

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

モノブロック シリーズ

スポーツ・趣味用品

メガバス株式会社 代表取締役 伊東由樹(静岡県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

様々のスポーツの世界のなかでフィッシングにおけるギア開発ほど、デザインの進化度が奥深く、より専門的な知識が必要となるものはない。

フィッシングスタイルを熟知した上で、新しい製法や技術を生かす事も重要である。

エキスパートアングラーをメインターゲットとして開発されたこのモノブロックシリーズは、コラボモデルをベースに精度に拘り抜いた完成度をもつベイトリールである。

大手メーカーが高スペックや新機能の訴求に注力するのに対し、本対象はクラシカルな円形スタイルを継承しつつ、ある意味少量生産でありながらアルミの削りだし加工によって高剛性と高精度を実現し、操作時における静音性やガタのない巻き心地を高い次元で感覚的に訴求できている。

さらに数量限定のミラノレーシングのレッドカラーアルマイトモデルも美しくまとめられており、秀逸なデザインであると評価された。

モノブロック シリーズの概要メガバスフィロソフィー「モノづくりの哲学」を具現化した、スーパーコンパクト&ハイトルクリール。
モノブロックは、匠の極みともいえる熟練加工技術を余すことなく注入。
高級時計を彷彿とさせる、細部にわたった一品一品の作りこみは、究極のスペシャルワークスマシンです。
切削リールとしては、実現不可能ともいわれる極限の軽量化に挑む「アンダー199g」を目指した究極のコンパクトパッケージを実現しながらも、優れたフレーム剛性と超高精度なギヤ配列で至極の駆動性を実現。
絹のような滑らかさ、かつ、モンスターフィッシュをものともしない強大なトルク、卓越したコントローラビリティは、高次元なフィッシングゲームを約束します。
達成しようとした目標金属リールが剛性確保の為に大型化する中、モノブロックは全部品をアルミ塊から切削しフレーム剛性と駆動時のたわみ強度を確保。
その上、機能部品全てを、直径57.4mmの真円に納めるべく極限の構造レイアウトに挑戦。
その上、細部に亘る強度試験と演算を行い、1gの軽量化の為、0.1g軽量化を10回繰り返す事で強度を確保。
釣力4kgを誇るクラス最軽量の金属切削リールとして100年酷使に耐え得るデザインを追及。
プロデューサー伊東由樹
ディレクター伊東由樹
デザイナー伊東由樹
モノブロック シリーズのデザインについて金属フレームリールは、剛性確保のため大型化する傾向にある。
しかしモノブロックはフレーム、ボディ、各種パーツを無垢のアルミ塊から削り出して製作し高強度を発揮。
その上、電磁誘導式ブレーキや駆動ギア、レベルワインドユニット全てを、わずか直径57.4mmの真円に余すことなく納めるべく極限のコンパクトパッケージングに挑戦。
釣力4kgを誇るクラス最軽量金属切削リールとして100年酷使に耐え得るデザインを追及。
モノブロック シリーズをもっと見る・購入 楽天市場でモノブロック シリーズを探す

amazonでモノブロック シリーズを探す

Yahoo!ショッピングでモノブロック シリーズを探す

Yahoo!オークションでモノブロック シリーズを探す
オフィシャルサイト http://www.megabass.com

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
スポーツ・趣味用品の人気グッドデザイン