モーハウス

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

授乳服を媒体としたデザインによるソーシャルアクション

個人用品や育児・介護用品

モーハウス(茨城県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

授乳服という分野がまだ開拓されていなかった時代に、オーナー自身の体験をきっかけに、授乳服の提案を開始。

子育て中の女性の社会環境を整え、新しい快適なライフスタイルをサポートする活動を展開している。

一見、授乳服に見えないデザインでありながら、胸を露出することなく速やかな授乳を可能にしているこまやかな配慮がとてもよい。

母親としての視点と専門家の視点を合せて、機能性と審美性を両立させている点、パイオニアとしてマーケットを切り開き、社会に向けて発信している点など、すぐれた活動として評価できる。

モーハウスの概要モーハウスは、子育てが密室化する1990年代、授乳服の提案をスタート。
当時全くマーケットがなかった授乳服のパイオニアとして、素早く授乳できて、胸が見えない授乳服を製作しています。
授乳のプロ・助産師や研究機関との連携も行って、専門家の視点と母親の視点で開発。
外出先でも、人に気づかれることなく、しかも母子ともに快適に授乳できることで、社会とのつながりを持ちながら子育てできる環境を整えています。
モーハウスの授乳服は、育児と社会をつなぐツール、そして、授乳環境をデザインする媒体です。
また、産後女性の新しいライフスタイルの一つとしての「子連れ出勤」やイベントも実施。
社会に向けての発信をしています。
達成しようとした目標本来、幸せであるはずの育児。
それがなぜ苦しいものになってしまいがちなのか。
なぜ産後鬱や虐待などが起こるのか。
育児中の女性の生きづらさを、幸せに転換するために、授乳服は作られました。
産後女性のライフスタイルを、「がまん」ではなく、子どもと一緒に楽しめるものに変えたい。
モーハウスが発信するのは、授乳服を通して得られるライフスタイルです。
イベント、子連れ出勤もそのライフスタイル実現のためのメディアです。
プロデューサー有限会社モーハウス 代表取締役 光畑由佳
ディレクター有限会社モーハウス 代表取締役 光畑由佳
モーハウスのデザインについて1997年夏。
電車の中で泣き止まない子ども。
車内での授乳。
戸惑い、周りの視線、たくさんの気持ちのせめぎあい…。
授乳という自然な行為が母親たちの行動を拘束しているという違和感が、モーハウス誕生のきっかけでした。
女性たちが心地よい自由な生活を、赤ちゃんと一緒に楽しんでほしいということ。
女性が生き生きと暮らせる社会をめざし、出産育児という人生の節目を好機とできるよう授乳服を通した情報発信を進めます。
モーハウスはどのような使用者・利用者を想定したか主として、妊娠中、母乳育児中の女性が対象ですが、授乳服は、授乳時に家族や周囲に気を遣わせない、配慮のツールでもあるため、子育て中の家族やその周囲の人、すべてが対象とも言えます。
また、子育てに対するプラスイメージを持ってもらうという視点や、体へのやさしさはすべての女性に共通であることから、一部商品は、若い層から年配の方まで幅広い年代の女性も利用者として想定しています。
モーハウスはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかどこでも授乳できる安心感は、産後女性の外出を支援し社会と育児の共有化につながり、精神的な育児ストレスを軽減させます。
また、家庭内でも体に負担をかけずに授乳できるため、物理的な育児ストレスも軽減されます。
育児は本来、生きることそのものであり、特別で大変な事ではありません。
結果として育児のポジティブイメージ化、産後鬱や虐待などのトラブル防止にもつながり、産み育てやすい社会にも寄与すると考えられます。
その問題点に対し、どのように対応したかいつでもどこでも母乳があげられる環境と、力みすぎない子育て中のライフスタイルを提案し、子育て中にあれもこれもと我慢しがちな母親の意識を開放しました。
新しいライフスタイルを提案した事で、産みやすく育てやすい社会の実現に貢献しました。
また、授乳を隠すべきかどうかという問題も社会的に議論されていたが、「気づかれないことで、社会に配慮した授乳スタイル」を発信し、授乳中の母親を社会とつなぎました。
どこで購入できるか、どこで見られるかモーハウス青山ショップ 東京都渋谷区神宮前5-52-2青山オーバルビル1階 TEL 03-3400-8088
モーハウスをもっと見る・購入 楽天市場でモーハウスを探す

amazonでモーハウスを探す

Yahoo!ショッピングでモーハウスを探す

Yahoo!オークションでモーハウスを探す
オフィシャルサイト http://www.mo-house.net/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
個人用品や育児・介護用品の人気グッドデザイン