Y-350

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

山型ツールボックス

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞

トラスコ中山株式会社(大阪府) 東洋スチール株式会社(大阪府)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

安価で堅牢、多少のラフな扱いにも耐えうる商品性は、部品点数を抑え、かつ金属板の深絞りをベースとした最小限の加工によってもたらされる合理的な設計ならではである。

樹脂製の製品と違い、経年による外観の変化でさえもある種の味わい・愛着を感じさせる。

道具箱として求められる要素を余さず備えるからこそ、大きな変更もなく市場の支持を得続けている。

Y-350の概要山型工具箱を1984年、初めて一枚の鋼板を『絞り』で製品化したモノです。
当時としてはコーナー部がアール形状で手に優しく、かつ蓋と底部の合わせ(丁番部)に丁番線を使わない設計は箱の中では画期的と評価されました。
今でも『絞り』タイプの特長である頑丈さが変わることなく存在しています。
達成しようとした目標シンプルさの追求
プロデューサー東洋スチール株式会社
ディレクター東洋スチール株式会社
デザイナー東洋スチール株式会社 久司恵勇
Y-350のデザインについて初期モデルをとにかくシンプルにしたいと思い、シンプルさを追求することで、デザイン性の向上、コスト低減の両方を実現し、多くの人にご愛用してもらいたいという願い。
Y-350はどのような使用者・利用者を想定したか工具・道具を片付けたい、持ち運びたいすべての人
Y-350はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか絞りタイプの設計により生産性を向上させ、工具箱としては高品質、低価格を実現した。
幅350mmの箱寸法はハンドツール(手工具)の最も多いサイズが収納できるため汎用性が高い。
構造もシンプルで手軽さを感じさせる。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点鋼板を薄くかつ頑丈で長くご愛用いただけるということ。
多くの場面で使用できるということ。
その問題点に対し、どのように対応したか絞りタイプ、合わせを設計することにより従来品の板厚より薄肉化し、部品点数を削減でき、低価格化を実現できました。
また汎用性の高さにより、多くの工具・道具を収納する・持ち運ぶ場面に 普及しています。
どこで購入できるか、どこで見られるか機械工具店・金物店、全国ホームセンター、ネット販売(アマゾン等)
Y-350をもっと見る・購入 楽天市場でY-350を探す

amazonでY-350を探す

Yahoo!ショッピングでY-350を探す

Yahoo!オークションでY-350を探す
オフィシャルサイト http://www.toyosteel.jp/1yamagata.htm#3

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞の人気グッドデザイン