NHK ワールド

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ブランディング : NHK WORLDのトータルデザイン

パブリックコミュニケーションのデザイン

日本放送協会(東京都)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

シンプルな中に世界に対して日本を感じさせるデザイン、また洗練された現代の日本デザインを表現しているところを評価。

NHK ワールドの概要NHKの海外向けサービスであるNHK WORLD TVのリニューアルが2009年2月に行われた。
世界の情報を伝える英語ニュース・日本の最新情報や伝統文化を伝える番組を拡充し、世界中に日本、アジアの情報を24時間発信する真の国際放送となった。
NHKのデザイン部門、デザインセンターでは、「SHARP,CLEAR,UNIFIED」をキーコンセプトにブランディングを行い、トータルデザインを実践した。
スタジオセット、番組グラフィックから、新スタジオ建設、ステーションロゴ、居室レイアウト、広報媒体にいたるまで一元的なデザインワークを行うことで、ビジュアル面からチャンネルアイデンティティの確立を目指した。
達成しようとした目標CNN,BBCといった海外のメディアと遜色のないクオリティを持った国際放送ということを、ビジュアルデザインの面からも強調し、国内外にNHK WORLDの存在を広くアピールする。
プロデューサーNHK 国際放送局 高橋妙季
ディレクターNHK 放送総局 デザインセンター(映像デザイン) 岡部務
デザイナーNHK 映像デザイン 加藤隆弘、掛幸善+NHKアート 総合デザイン 福山智久+一級建築士事務所 茂野純司+Gグラビティ 田所貴司+エムグラフィコ 三浦民滋
NHK ワールドのデザインについてブランディングはわれわれインハウスのデザイナーにとって使命だと考える。
NHK WORLD TVは世界中で視聴されている放送であり、このチャンネルで放送されるビジュアルがNHKのデザインであり、日本代表のデザインであるといえる。
NHKとしてふさわしいビジュアルとは?また日本らしいデザインとは?を常に念頭に置き、多岐にわたるデザインを実践した。
非常に難易度は高いが有意義な仕事であった。
NHK ワールドはどのような使用者・利用者を想定したかニュース、経済情報、文化面など、日本・アジアに興味を持つ海外在住の有識者。
NHK ワールドはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかすべての分野のデザインで、チャンネルアイデンティティを強く意識した設計をすることにより、NHK WORLDとしての一体感を強調。
同時に、他の放送局との差別化を図り、幅広い視聴者が日本の国際放送NHK WORLD TVだと認識できるようになった。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点NHK WORLDの認知度・接触率は海外のメディアに比べ残念ながら低い。
諸外国の国際放送がしのぎを削るなかで、日本発の放送ということをアピールし、情報をいかに多くの人に届けるかという命題に対して、デザインの面からどのように貢献するかということが重要な課題であった。
その問題点に対し、どのように対応したか公共放送が母体にあるNHK WORLDには、客観性と信頼性が不可欠である。
自主自立に基づいた放送であることをビジュアル面でも表現しなければならない。
新ロゴデザインは2つの価値観を表す2色のプレートのセンターにNHK WORLDのロゴを配し、中立な日本独自の視点からの発信をイメージした。
このコンセプトはすべてのグラフィックデザインに貫かれている。
どこで購入できるか、どこで見られるかNHK WORLDを視聴可能な世界各地域
NHK ワールドをもっと見る・購入 楽天市場でNHK ワールドを探す

amazonでNHK ワールドを探す

Yahoo!ショッピングでNHK ワールドを探す

Yahoo!オークションでNHK ワールドを探す
オフィシャルサイト http://www.nhk.or.jp/nhkworld/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
パブリックコミュニケーションのデザインの人気グッドデザイン