ミクシィ年賀状

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

年賀状

ウェブサイトのデザイン

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(東京都) 株式会社ミクシィ(東京都)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

mixiという場所の特殊性を利用して、新しい年賀状の送り方と、その仕組み全体をデザインしている。

新しいコミュニケーションデザインのあり方として示唆的な面を多く含んでいると思う。

ミクシィ年賀状の概要住所や本名、メールアドレスを知らなくても、日本郵便が発行する紙の「お年玉付年賀はがき」を郵送できる新サービス。
日本郵便の広告でありながら、一つのサービスとして新しい仕組みをデザインしました。
『mixi』のテクノロジーである「mixi Connect」と連携することで、お互いの個人情報を開示せずに、『mixi』でつながる友人(マイミク)に紙の年賀状を届けることができます。
48円のスポンサーモデル、98円のレギュラーモデル、130円/180円のプレミアムモデルなど、500種類以上のデザイン年賀状を販売。
海外からも98円で郵送できるため、167カ国から約70万通のご利用を頂きました。
達成しようとした目標若年層のコミュニケーションは、年賀状のような『ハガキ』から「アケオメ」「コトヨロ」などの『メール』に置き換わりつつあります。
このような若年層が、メールのように簡単に、紙の年賀状を送り合える「新しい手紙文化」を創造することを目標とし、「広告としてのサービス」をデザインしました。
プロデューサー株式会社博報堂DYメディアパートナーズ i-メディアビジネス局 佐藤 圭太朗+株式会社ミクシィ 原田 明典
ディレクター株式会社博報堂 須田 和博
デザイナー株式会社シェイク 岡田 亮大
ミクシィ年賀状のデザインについて「ミクシィ年賀状」における「クリエィティビティ」とは、すなわち、「年賀状の販促」という使命をおびた「オンライン・サービス」を、皆が「使いたくなる」ようにすることでした。
そのために、初めての人も理解しやすい「導入」、サービスとしての「使いやすさ」、友達に送りたくなる楽しい「テンプレート」がたくさんそろっていること。
この3つが重要でした。
良い結果が出せたと思います。
ミクシィ年賀状はどのような使用者・利用者を想定したかメール・ブログ・SNSなどを利用し、友達と日常的にコミュニケーションを行なっているが、住所や名前が分からないため、年賀状や手紙を書くことが少ない若年層。
ミクシィ年賀状はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか広告コミュニケーションだけでは、若年層が手紙を送る文化を創造することは難しいため、『mixi』と連携したサービスを開発し、住所、本名、メールアドレスを知らなくても、メールを送るような簡単な操作で、紙の「お年玉付年賀はがき」を郵送できる仕組みをデザインし、新しい価値を実現しました。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点インターネットや携帯電話の普及により、メール、ブログ、SNSなどを利用し、簡単に友達とコミュニケーションを取れるようになりました。
一方で、住所はもちろんのこと本名さえも知らない新しい人間関係が形成され、住所や名前が必要な年賀状や手紙を書くことが少なくなってきました。
その問題点に対し、どのように対応したか『mixi』と連携したサービスを開発することで、住所・本名・メールアドレスなどを知らなくても、メールを送るような簡単な操作で、紙の「お年玉付年賀はがき」を郵送できる新しい仕組みをデザインし、若年層の「新しい手紙文化」を創造しました。
ミクシィ年賀状をもっと見る・購入 楽天市場でミクシィ年賀状を探す

amazonでミクシィ年賀状を探す

Yahoo!ショッピングでミクシィ年賀状を探す

Yahoo!オークションでミクシィ年賀状を探す
オフィシャルサイト http://www.hakuhodody-media.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ウェブサイトのデザインの人気グッドデザイン