TLP-F10

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

LEDデータプロジェクター

オーディオビジュアル機器

株式会社東芝(東京都)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

大きな面積を必要とする吸排気口や中心からずれたレンズやコネクタ類を中間の黒い部分に収め、上下の白いパーツで挟み込むサンドイッチデザインコンセプトは構造との整合性が取れている。

天面操作部のシンメトリーな配置と合わせて、デザインコンセプトを徹底的に崩さずにまとめきっている所が評価できる。

TLP-F10の概要輝度100ルーメンの長寿命LED光源を採用したモバイルプロジェクター。
可搬性に優れる650gの小型軽量ボディーにSD/SDHCカードスロット、USBスロット、RGB(D-sub 15)、CompositeVideoを搭載、PC連携、PCレスでのモバイル環境でのプレゼンテーションが可能。
・LED光源を採用することにより20000時間の長寿命使用を可能としたメンテナンスフリー仕様。
・僅か650gの小型軽量ボディーで快適な持ち運びが可能。
・SDカード/USBスロット搭載しどこでも手軽にJPG画像をスライドショー再生できる。
達成しようとした目標外出先においてペーパーレスで商談等を行うことができる小型プロジェクターのニーズは非常に高く、PCと一緒に持ち運ぶことの出来るコンパクトなプロジェクターを開発し新しいプレゼンテーションシーンを実現することを目標をしている。
プロデューサー株式会社東芝 デジタルメディアネットワーク社 映像システム事業部 事業部長 萩尾 剛志
ディレクター株式会社東芝 デザインセンター 映像機器デザイングループマネージャー 広木 慎一
デザイナー株式会社東芝 デザインセンター 映像機器デザイングループ 長瀬 弘治
TLP-F10のデザインについてモバイルの使用用途にマッチした収納性の高いボクシーなフォルムを基本にソフトなディテールを組み合わせ携帯性に配慮。
緩やかにカーブした側面形状によりしっかりしたグリップを実現。
天面センターに投射時操作する光るコンパネを配置し操作性を格段に向上。
TLP-F10はどのような使用者・利用者を想定したかビジネスマン及び一般ユーザー
TLP-F10はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか見やすいトップ面にコントロール部を配し暗所でも一目で分かるライトアップ機能を採用。
さらに小型のボディーに20mmストローク調整脚を内蔵し手軽な角度設置を可能にした。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点プロジェクターにおいて廃熱の問題と水銀ランプの破裂交換、廃棄などは使用環境、地球環境に対し大きな課題であり不可避であった。
その問題点に対し、どのように対応したかLED光源を採用することにより今まで不可欠だったランプ交換が不要となり破裂部品処理などの危険もないメンテナンスフリーを実現。
TLP-F10をもっと見る・購入 楽天市場でTLP-F10を探す

amazonでTLP-F10を探す

Yahoo!ショッピングでTLP-F10を探す

Yahoo!オークションでTLP-F10を探す
オフィシャルサイト http://www.toshiba-projectors.com/index.php?page=1546

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
オーディオビジュアル機器の人気グッドデザイン