iPF750iPF755

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ラージフォーマットプリンター

オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備

キヤノン株式会社(東京都)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

シリンダ型の形状が印象的で、分りやすい形できれいにまとまっている。

iPF750iPF755の概要高密度プリントヘッド搭載の高速・高品位A0ノビサイズインクジェット大判プリンター。
用紙の付け外し、その他の設定作業を前面から行なえるようにし、ユーザーに高いユーザビリティと作業性を提供。
また小型化のため、従来片側に6色分配置していたインクタンクを左右に振り分け、プリントする為に必要不可欠なメカスペースを削減した結果、従来機との比較で約200mmの小型化に成功した。
さらに、壁面に密接しての配置を可能にするなど、オフィスでの設置性を向上した。
達成しようとした目標徹底した市場製品評価、ユーザーニーズの訪問調査を行いユーザビィリティーの向上を目指し、全ての操作が前面から行なえるようにした。
また、オフィスにおけるレイアウトの自由度を向上させる為に筐体のコンパクト化とユーザーが目的の情報へ瞬時に辿り着けるよう、操作UIの改善に取り組み、新規操作部を完成させた。
プロデューサーキヤノン株式会社 Lプリンター事業本部 事業本部長 本間利夫
ディレクターキヤノン株式会社 総合デザインセンター 所長 酒井正明
デザイナーキヤノン株式会社 総合デザインセンター 草薙 喬、押本 信夫、卯西 涼子
iPF750iPF755のデザインについて本体を貫く大胆な円柱造形は、自社大判プリンターシリーズとしてのデザインアイデンティティの継承を狙った。
それは、更なる進化を遂げ、円筒の側面を2重円にし内円部をダークアウトさせる事によりマスのボリューム感をより軽量に見せている。
また正面から見て円筒の左右端部にインクタンクをシンメトリーに配置し、外装をスケルトンにする事により、今までのシリーズには無い本体の安定感と軽快感を表現した。
iPF750iPF755はどのような使用者・利用者を想定したか建築・設計・製造業に携わる中でCADを多く利用するユーザー、ならびに、業務において大判の図表やポスター等を出力する機会の多い一般オフィスユーザーの2つを、本機の主たる使用者と想定した。
したがって本機の使われ方としては、複数ユーザーによる共有使用を前提としている。
また、大規模オフィスのみならず、決して広くないアトリエ系設計事務所やSOHO等のオフィスへ導入・利用されることも想定している。
iPF750iPF755はその使用者・利用者にどのような価値を実現したかユーザの使いやすさ・作業効率性を向上させるために全ての操作が前面から行なえるようにした。
特に重いロール紙の取り付けにおいては、腰への負担を軽減するため、用紙のプレセット+エアーダンパー方式を採用。
またユーザが目的の情報へ瞬時に辿り着けるよう、カテゴリ別に分類された本体操作UIを提供している。
筐体の構成においてもインクタンクの左右配置によりコンパクト化を実現。
オフィスにおける設置の自由度を向上させた
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点エコロジーおよび地球環境の視点において、交換時期をむかえたインクタンク及びインクヘッドの処分。
そして廃棄処分をむかえた本体外装のリサイクル性への施策。
その問題点に対し、どのように対応したか環境保全と資源の有効活用の取り組みとして、使用済みインクヘッド、インクタンクの回収を行う。
また、スタンドにアルミ押し出し材を採用、高剛性と材料のリサイクルに配慮した。
iPF750iPF755をもっと見る・購入 楽天市場でiPF750iPF755を探す

amazonでiPF750iPF755を探す

Yahoo!ショッピングでiPF750iPF755を探す

Yahoo!オークションでiPF750iPF755を探す
オフィシャルサイト http://cweb.canon.jp/imageprograf/lineup/ipf750/index.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン