NTT docomo F-10A らくらくホン6

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

携帯電話機

携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューター

富士通株式会社(神奈川県)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

今まで続いてきたらくらくホンの流れや開発背景を考えるに、ユニバーサルモバイルとして着実にひとつの潮流を築いてきたことを再認識致しました。

現時点までの方向性は非常に良いと思います。

そしてこのフィールドはまだまだ発展の余地があると思います。

今後の更なる発展を期待しています。

NTT docomo F-10A らくらくホン6の概要NTT docomoより発売される「らくらくホン」シリーズの6代目となります。
携帯電話の基本性能である「使いやすさ」「聞きやすさ」「見やすさ」の高品質さはそのままに継承したシリーズ初の防水&防水性能(IPX5/IPX7/IP5X等級)を有する洗える携帯電話端末です。
達成しようとした目標-機能性能、安全性の進化 ・防水&防塵性能を達成することにより、今まで以上に様々な条件化で安心して利用していただけます。
・カメラの高画素化オートフォーカス化など使い安さの向上と携帯電話市場のトレンドに対応しています。
-使いやすさ、安心感の継承 ・安心してお使いいただけるよう、テンキー、ワンタッチキーの配置や形状、キーストローク、画面の見やすさを、変えることなく継承しています。
プロデューサー富士通株式会社 モバイルフォン事業本部 モバイルフォン事業部 事業部長 高田克美
ディレクター富士通デザイン株式会社 シニアデザイン 入江亨
デザイナー富士通デザイン株式会社 中島公平、佐竹芳文+エフサス・クリエ株式会社 原良子+株式会社リクルートスタッフィング 浦保秀
NTT docomo F-10A らくらくホン6のデザインについて「らくらくホン」シリーズの商品コンセプトである「使いやすさ」の継承と高性能化とのバランスのとれた商品性を、シンプルで親しみを感じられるデザインで表現しています。
NTT docomo F-10A らくらくホン6はどのような使用者・利用者を想定したか携帯電話、情報機器に不慣れな方やエントリーユーザー、視力、聴力などに衰えを感じるエルダー層の方にも安心してお使いいただけるよう配慮した商品です。
NTT docomo F-10A らくらくホン6はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか誰もが、インターネットや電子メールなどの新しいコミュニケーションが利用でき、情報化社会への参加が容易になるように開発毎に使いやすさを向上させています。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点誰もが情報化社会へ参加でき、その利便性を等しく享受できるように、情報社会への入り口のひとつである携帯電話機の使いやすさを向上させていく必要があります。
その問題点に対し、どのように対応したか「かんたん」に使える、ワンタッチ通話の①②③ボタン、オープンアシストボタン、次の操作を示す光ガイド、音声入力メールの搭載 「聞きやすさ」を向上させる、声がはっきり聞こえるはっきりボイス3、声をはっきり伝えるスーパーダブルマイク、声をゆっくり再生するゆっくりボイスを搭載 「見やすさ」を向上させる、オールラウンド液晶、自動照度調整、見やすい大きな文字表示、12倍ズームの拡大鏡を搭載
どこで購入できるか、どこで見られるか家電量販店、携帯電話販売店
NTT docomo F-10A らくらくホン6をもっと見る・購入 楽天市場でNTT docomo F-10A らくらくホン6を探す

amazonでNTT docomo F-10A らくらくホン6を探す

Yahoo!ショッピングでNTT docomo F-10A らくらくホン6を探す

Yahoo!オークションでNTT docomo F-10A らくらくホン6を探す
オフィシャルサイト https://www.mydocomo.com/onlineshop/product/EASY/F-10A/AAF49947.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューターの人気グッドデザイン