超音波診断装置 Viamo SSA-640A

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

汎用超音波画像診断装置

医療や教育・研究に関する用品と機器設備

株式会社東芝(東京都) 東芝メディカルシステムズ株式会社(栃木県)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

操作性の向上した液晶タッチパネルのGUIとシンプルで清潔感のある本体デザインは、直感的な操作を実現し、患者に検査の不安を感じさせず、優しく、親しみやすいデザインになっている。

医師、患者両者にとって優しく、超音波診断の可能性を拡げる新たな装置となった事が評価された。

超音波診断装置 Viamo SSA-640Aの概要超音波画像診断装置は検査時の患者への負担が他の画像診断装置に比べて少なく、またリアルタイムに画像を観察できることから、腹部一般から全身までの幅広い臨床領域で使われている。
本装置は、プレミアム装置に迫る画質性能を実現しながらハンドキャリー可能なポータブルサイズとワンタッチで着脱可能な専用のカートシステムにより高い機動性を実現。
通常の検査室にとどまらず病棟や外来など幅広い検査環境での使用が可能となった。
操作性においては使いやすくシンプルなパネルレイアウトと液晶タッチパネルの融合により直感的な操作を実現。
達成しようとした目標高画質性能を有したポータブル装置の提供という利便性はもとより、「すべては患者さんのために」の考えをもとに、場所を選ばない質の高い医療を迅速に提供することで、新たな検査環境の創出を目指した。
プロデューサー東芝メディカルシステムズ株式会社 超音波事業部 事業部長 河崎修一
ディレクター株式会社東芝 デザインセンター 参事 石本尚嗣、参事 伊豆祐一
デザイナー株式会社東芝 デザインセンター 主務 伴流篤信、主務 乙葉茂
超音波診断装置 Viamo SSA-640Aのデザインについて医療環境におかれるプロダクトとしてのシンプルで清潔な姿を追求しました。
本体のコンパクトさに加え、タッチパネルによる新UIは、画像周囲にユーザー特性、診断部位に合わせて最適なGUIを呼び出し、場面場面で直感的な操作を提供します。
また多彩なアクセサリーに対応した専用カートシステム、スペースの限られた場面での新タブレットスタイルは、従来の装置にはない新たな検査環境のデザインを目指しました。
超音波診断装置 Viamo SSA-640Aはどのような使用者・利用者を想定したか医師/技師/患者(国籍、年齢、性別を問わず)。
病院内では検査室にとどまらず病棟や外来など、また院外では在宅医療、僻地医療、救急現場など幅広い検査環境での使用を想定。
超音波診断装置 Viamo SSA-640Aはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか医師、技師にとっては、幅広い検査環境への対応、省スペース化、軽量化や様々な検査姿勢に対応する柔軟性の高さで身体への負担を軽減。
患者にとっては、場所を選ばない迅速かつ質の高い検査によって、早期発見、予防、治療ガイドとしての医療サービスを提供。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点医療を取り巻く環境は厳しく、病院経営、医療過誤、医師不足、地域格差など様々な課題がある。
また、地球環境の視点では、省エネへの配慮や特定有害物質の使用削減などがあげられる。
その問題点に対し、どのように対応したか診断、臨床の立場からの様々な要望やアイデアを取り入れた開発を実施。
装置の小型化を図ることで、同等性能の大型装置と比較して消費電力を約28%削減。
また、特定有害物質の使用を抑えることでRoHS指令に適合し、地球にやさしい医用システムの提供を目指した。
どこで購入できるか、どこで見られるか病院や医療従事者向けの展示会、学会などで見ることができます
超音波診断装置 Viamo SSA-640Aをもっと見る・購入 楽天市場で超音波診断装置 Viamo SSA-640Aを探す

amazonで超音波診断装置 Viamo SSA-640Aを探す

Yahoo!ショッピングで超音波診断装置 Viamo SSA-640Aを探す

Yahoo!オークションで超音波診断装置 Viamo SSA-640Aを探す
オフィシャルサイト http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/products/us/viamo.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
医療や教育・研究に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン