ビータッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

錠前

オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備

株式会社オプナス(東京都)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

見慣れた3つボタン錠でありながら、小さなレバーをスライドすると施錠でき、3つのボタンをブラインドタッチすると解錠できる「スマートな行為のデザイン」が高い評価を得た。

高額なデジタル制御の方向性だけではなく、ローコストで所定のセキュリティーを実現し、小さなオフィスの安全性を高める目的も良い。

ビータッチの概要機密情報流失事件の増加により、オフィスセキュリティが重視されています。
しかし、一番身近なオフィス机の鍵は、施錠を義務付けられていても、ついつい忘れてしまうことが多く見受けられます。
ビータッチは、わずらわしい鍵を持ち帰ることも不要な、机に適したコンパクトサイズのキーレス錠で、手に届く位置に配置されたレバーをスライドするだけの簡単施錠なので、施錠忘れを軽減し、個人のセキュリティ意識を高め、機密保持活動を促進できます。
また、従来のダイヤル錠は、数字を覗きこまないと操作ができず、低い姿勢を強いられがちでしたが、ビータッチは、ブラインドタッチが可能なボタン配置で、座ったままの姿勢で操作ができます。
達成しようとした目標新しい感覚・作法のオフィス机用キーレス錠をもちい、帰宅時に個人の机を簡単・確実に施錠させ、社員のオフィスセキュリティの意識向上、機密保持活動を促進させる。
プロデューサー株式会社オプナス 代表取締役社長 峯村陽一
ディレクター株式会社オプナス 営業開発部 高岡江次+株式会社クルー 代表取締役 馬場了
デザイナー株式会社オプナス 設計課 落合美由紀+株式会社クルー 山崎信哉
ビータッチのデザインについて企業を訪問すると小さい鍵がロッカーにぶら下がっているのを何度か見かけた事があった。
自分の机の中にもどこの箇所かわからない鍵が入っている。
これは誰しも経験があることと思う。
本商品はそのようなオフィスにおける日常的な施錠シーンを想像し、総合的にセキュリティを高めるための1アイテムとして生まれた。
手軽さと機器に馴染むデザインに加え、オフィスセキュリティシリーズの一員としてのスタイリングを心がけた。
ビータッチはどのような使用者・利用者を想定したか昨今の機密情報流失事件の増加にあって個人レベルのセキュリティ意識徹底が叫ばれてはいるが、業界からは電子タグを使った大掛かりでとても高価な対処方法しか提案がなかった。
企業の大多数を占める中小企業、特に知財を担当するデザイン会社や弁理士事務所などは、多くの機密情報を扱うにもかかわらず、コスト的にも手間的にも導入が追いつかない実情があった。
大企業でも鍵の数が膨大になるため、管理・運用に頭を抱えていた。
ビータッチはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかビータッチはそのような中小企業の実情を見つめて、まず導入がしやすいようローコストな機械式で、管理・運用がしやすいキーレス方式を採用した。
中小企業の社長が仲間の経営者に、どうだい?ウチはオフィスセキュリティーやってるんだよ!これを入れたんだ!と自慢できるような、簡便で気負いのない商品とデザインを目指した。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点企業情報・個人情報の流出する事件が相次ぐなか、オフィスの一番身近な机の鍵を改善し、個人の意識改革・抑制を促す。
その問題点に対し、どのように対応したか個人のセキュリティ意識を高めるには、一番身近な机の鍵を確実に施錠させる習慣を身につけさせることが重要と考えた。
そのためビータッチは、施錠忘を軽減するように、手に届く位置に配置されたレバーをスライドするだけの簡単施錠にした。
また、周りから施錠忘れを指摘されやすいように視認性の良い施解錠表示窓をもうけた。
ビータッチをもっと見る・購入 楽天市場でビータッチを探す

amazonでビータッチを探す

Yahoo!ショッピングでビータッチを探す

Yahoo!オークションでビータッチを探す
オフィシャルサイト http://www.opnus.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン