spread

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

長屋

住宅や住宅設備

有限会社ビルディングランドスケープ(東京都)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

路地状アプローチがまるで外部化された中廊下のような集合住居。

階段室を路地に対面させて住人のキャラクターをコントロールしながら表出させるプランニングを評価した。

spreadの概要spreadは、地下1階・地上3階の22戸の長屋。
アプローチの敷地内通路は法的に許されている最低幅の2mで、高さ9mの壁に挟まれた路地状の空間となっている。
地階を含む各住戸はアプローチ側の階段越し、外周側など複数の方向から光や景色を感じられるようにした。
アプローチから見える5つの階段群は、それぞれの階段がすべて違う住戸内部の専用階段になっている。
アプローチ空間のファサードは幅が狭いために斜めになめるようにしか見ることが出来ない。
そこで外壁を全艶の黒色で塗装し映り込みを起こしている。
黒く塗装されたコンクリートという最も重量感のあるものが、艶という要素一つで空にとけ込んでいく。
達成しようとした目標密集住宅地において地階も含め全ての住戸で複数の方向から採光や通風を得ること。
両側を9mの壁に挟まれた幅2mの路地状のアプローチ空間に開放感を与えること。
各住戸がばらばらではなく適度な距離感をもって共存することで、集まって住むことの豊かさを感じることのできる建築とすること。
プロデューサー元都市デザインシステム 関口正人、和田夏子
ディレクター山代悟
デザイナー山代悟+ビルディングランドスケープ 野老朝雄、大原温、河内一泰
spreadのデザインについてカーテンウォールによって室内化された階段は、路地状のアプローチに向かって開かれた私化された公的空間といえる。
ここは住まいから外へ出入りする華やかなアプローチであると同時に、休日に階段に座って外の気配を感じながら寛ぐような場所になって欲しい。
それぞれの階段を通して隣人の姿が感じられるようなやわらかなコミュニティが育ってくれればと願っている。
spreadはどのような使用者・利用者を想定したか東京都内の私鉄沿線から至近の距離にある集合住宅であり、単身者やDINKS、SOHO利用を中心とした利用者を想定した。
また、内部空間に閉じこもりがちな住まいではなく、共有部に自らを表現することのできる、積極的な住民を意識した。
spreadはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか各住戸へのアプローチの空間などは普段、パブリックな空間として外部に放置されている。
その一部、ここでは各住戸へ通じる階段を専有部分に取り込むことで私化された状態とした。
実際、入居者は階段に各々の持ち物を置くことでパブリックなアプローチ空間あるいは他の住人との距離を表現している。
住まい手と隣人、あるいはもう少し広く、住まい手と社会との距離が建築化されている。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点集合住宅では住戸の内部に閉じこもりがちな住民同士、あるいは住民と社会との関係を、現代の人々に受け入れられる形で開いてゆくことを目指した。
その問題点に対し、どのように対応したか各住戸へのアプローチの空間などは普段、パブリックな空間として外部に放置されている。
その一部、ここでは各住戸へ通じる階段を専有部分に取り込むことで私化された状態とした。
実際、入居者は階段に各々の持ち物を置くことでパブリックなアプローチ空間あるいは他の住人との距離を表現している。
住まい手と隣人、あるいはもう少し広く、住まい手と社会との距離が建築化されている。
spreadをもっと見る・購入 楽天市場でspreadを探す

amazonでspreadを探す

Yahoo!ショッピングでspreadを探す

Yahoo!オークションでspreadを探す
オフィシャルサイト http://buildinglandscape.com/archive/2008/01/spread.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン