ノンちゃんのいえ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

住宅

住宅や住宅設備

ああす設計室(埼玉県)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

ユニークなプランを持った住宅。

三方を非常に開放的な帯壁によって囲み、不思議な透過性・開放性を作り出している。

室内は基本的にスキップフロア構成によってつながり、流動的で一体的な空間の関係を作り出している。

ノンちゃんのいえの概要木立を帯で囲うように、柱をいくつもの帯状の壁(帯壁)で囲うことで家をつくった。
ひとつの部屋を帯壁で囲うだけでなく、その隣の部屋や、さらにその先に広がる風景を同時に囲うことで、自分の居場所から、あたかも家全体や風景の広がりまでも、ひとつながりに感じられる家になった。
また、帯壁の高さとスキップフロアによる床のレベル差を活かすことで、家中を移動しながら、家族の気配や帯壁の隙間から広がるいくつもの風景を体験できる。
このような家の構成により、「子供達の姿がどこにいても感じられる家にしてほしい」という施主の要望を叶えつつ、三方を田んぼに囲われるという類まれなロケーションをこの家に詰め込むことが出来た。
達成しようとした目標柱をいくつもの帯状の壁で囲うことで、『自分の居場所から、家全体の広がりや風景の広がりまでも、ひとつながりに感じられる家』を実現すること。
プロデューサーああす設計室 葛川かおる+鹿田征歳
ディレクターああす設計室 葛川かおる+鹿田征歳
デザイナーああす設計室 葛川かおる+鹿田征歳
ノンちゃんのいえのデザインについて極小敷地、低予算という条件のもと、柱をいくつもの帯壁で囲うことで家をつくった。
帯壁が囲い取るのは、部屋の間仕切りに限らず、吹抜けであったり、家具であったり、部屋の一部であったり様々である。
帯壁の位置や高さは、スキップフロアのレベルや造り付け家具と整合させた部分もあるが、特にルールはなく、自由に設定している。
このような帯壁の扱いによって、今までにない住まいが実現したと思う。
ノンちゃんのいえはどのような使用者・利用者を想定したか豊かな田園風景の広がる土地に住む、40代の共働き夫婦とその家族
ノンちゃんのいえはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか建築家と共に、家族みんなが満足でき、予算内で、自由な家づくりができた。
また、ロケーションを活かした家で生活することで毎日が驚きと発見の連続となった。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点自然エネルギーおよび、風土やロケーションを活かした建物とすること。
その問題点に対し、どのように対応したか帯壁の隙間に設けられた通風・採光のための開口は、自然エネルギー活用に役立つばかりでなく、家全体にから周辺の風景を導き入れることで、季節の移ろいや、その場にもともとあった豊かな自然を再発見する契機を与えた。
どこで購入できるか、どこで見られるかああす設計室
ノンちゃんのいえをもっと見る・購入 楽天市場でノンちゃんのいえを探す

amazonでノンちゃんのいえを探す

Yahoo!ショッピングでノンちゃんのいえを探す

Yahoo!オークションでノンちゃんのいえを探す
オフィシャルサイト http://aath.jp/works_non.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン