ガラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

男性用化粧品

パッケージデザイン

オルビス株式会社(東京都)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

日本国内のメーカーによる男性用スキンケア商品としては新しい、清涼感のある感度の高いイメージを打ち出している点が印象的で、第一に評価された点です。

その具体的な構成は、低重心のプロポーションやグリップを意識したフォルム、ピュアな透明感を感じるマットでシンプルな質感で、各々の細部に渡ってデザイナーが一貫したコンセプトを表現したという事が伝わりました。

ガラの概要メンズスキンケアブランド「garra」は、ポルトガル語で「掴む、到達する」といった意味で、それが商品コンセプトやボトルデザインに込められています。
特にローションボトルのデザインに関しては、従来の化粧品の縦長のボトルという常識にとらわれず、手の大きい男性が日常的にバシャバシャと使用することを想定した上で長方形かつ左右非対称のボトルを採用しました。
男性が悩みとして多く挙げる「ベタつき」「ニキビ」の対策を目的とした2つのラインを用意し、幅広い人々にアプローチしています。
達成しようとした目標男性スキンケア市場が伸びているとは言え、その行為自体は未だに賛否両論があるのが事実です。
また、男性が女性用のスキンケア商品を洗面台やバスルームに置くことは何らかの抵抗があるものです。
従来の化粧品ボトルデザインのイメージを感じさせないように、男らしくありながらも男臭くはならないように、毎日手軽に扱えるようにということを重視し商品開発を行いました。
プロデューサーオルビス株式会社
ディレクター株式会社シー・アイ・エー
デザイナー田村奈穂
ガラのデザインについて余計な物を取り除き良質に拘り辿り着いた原石のようなローション。
ボトルデザインもまた中身と同様に飾る事なく「素」に拘りました。
ブランド名であるgarraという名前には「握る」「掴む」という意味が含まれます。
見かけではない本質に拘り、自分の手で何かを掴みにいこうという人にこのボトルを手に爽快に使って貰いたい。
そんな気持ちからこの形が産まれました。
ガラはどのような使用者・利用者を想定したか既に美容に関心のある男性、またはこれから美容に取り組みたいと思っている男性を想定しております。
また、通販という販売チャネルをメインにすることで、対面販売では買いにくいという人の需要を喚起できるように努めております。
ガラはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか男性にも、いつまでもキレイな肌でいていただきたい。
それを実現するために、決して莫大な費用がかかるものではなく、普段のライフスタイルに気軽に取り組めるような価格帯であり、それを行うこと自体に心地よさを味わえるものにしたい。
そんな付加価値を提供できるように励んでおります。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点化粧品には、「外装が重要」で「ボトルは使い捨て」といった固定観念があります。
その外装やボトルを作るには、当たり前のように環境資源を費やす上、世の中のゴミを増やす原因となっております。
本来無駄とも言えるものを出来るだけ取り除き、本当に必要なものだけをお届けしたいという観点で商品開発を行っております。
その問題点に対し、どのように対応したか省資源及びゴミ減量化という観点の上で、ボトルには外箱を使わず、簡易包装にしております。
また、化粧品には珍しく「詰め替え用」を採用し、同じボトルを繰り返し使用できるようにしております。
どこで購入できるか、どこで見られるかgarra オンラインショップ
ガラをもっと見る・購入 楽天市場でガラを探す

amazonでガラを探す

Yahoo!ショッピングでガラを探す

Yahoo!オークションでガラを探す
オフィシャルサイト http://garra.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
パッケージデザインの人気グッドデザイン