ホスクリーンHD型

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

一般住宅用屋外用物干金物

雑貨・生活用品

株式会社川口技研(埼玉県)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

生活に必要なものをデザインで良くしていこうという意思を評価した。

通りから洗濯物が見えないように干す場合、シャツの裾がベランダの床に当たってしまった経験はだれでもあると思う。

スムーズに高さを変えられることで家事の負担を軽減する機能を備える。

ホスクリーンHD型の概要一般住宅の屋外用物干し金物でベランダの内側に取り付けて使用する。
洗濯物を使用者の干す目的、用途に合わせてアームを2段階(水平・斜め上40度)に設定可能。
垂直収納すれば壁からの出幅が110ミリとコンパクトになり、ベランダを有効に使用できる。
振上げ式のこの収納は、竿が足掛かりとならない高い位置に抑えることができるので、手すり乗り越えの危険に対する安全性が向上した。
また、挿した物干し竿の真ん中を持って全ての操作ができるようになっている。
アームの長さも3種類用意し、ベランダのスペースや干す洗濯物の量に対応している。
達成しようとした目標洗濯物が干されている状態というのは見た目に良い光景とは言い難い。
しかしユーザーは洗濯物がたくさん干せるという物干し本来の機能を求める。
この矛盾を解決するため、ベランダの手すり内側の空間を利用して、外からは目立たずに十分な量の洗濯物を干すことができる物干しは何かを求めた。
プロデューサー株式会社川口技研 専務取締役 小松 博
ディレクター株式会社川口技研 開発一部部長 日向野 健
デザイナー株式会社川口技研 開発一部係長 石原豊巳
ホスクリーンHD型のデザインについて毎日する家事の中で「洗濯物干し」は主婦の嫌な家事作業の常に上位にランクされている面倒なもの。
また、外に洗濯物を干すことは住宅の景観を損なうほか、見える洗濯物がプライバシーの障害になる場合がある。
そんな問題を抱える洗濯物干しをもっと快適にスタイリッシュにできたらと思い、機能性と安全性にデザイン性が融合された屋外用の高機能物干し金物がホスクリーンHD型である。
ホスクリーンHD型はどのような使用者・利用者を想定したか一般住宅、集合住宅等に住む主婦層を主な使用者・利用者として想定。
さらに単身生活者や手伝いの出来る年齢の子供から、お年寄りまで、洗濯物を干したり取り込んだりする事のある生活者すべてを対象とした。
ホスクリーンHD型はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか様々な住宅で、物干し金物を取り付ける場所に条件があったり、利用者によって異なる身長や使い易い高さに対応できるように容易に角度、高さ調整できる機能と軽快なデザインをリーズナブルな価格で実現した。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点共働きの世帯が広い年代で過半数を超えているが、その主婦にとっての家事負担を減らす課題がある。
全自動で洗濯、乾燥が増える一方、エネルギー消費を抑え自然乾燥を利用すべき課題もある。
その問題点に対し、どのように対応したか従来、物干し金物は一世帯に1セットの設置が普通であったが、ユーザーに対し、低価格で物干し金物を追加設置していただき、手軽に多くの洗濯物を自然乾燥で利用できるように提案した。
ホスクリーンHD型をもっと見る・購入 楽天市場でホスクリーンHD型を探す

amazonでホスクリーンHD型を探す

Yahoo!ショッピングでホスクリーンHD型を探す

Yahoo!オークションでホスクリーンHD型を探す
オフィシャルサイト http://www.kawaguchigiken.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
雑貨・生活用品の人気グッドデザイン