マイクロレギュレーターストーブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

キャンプ用ストーブ

スポーツ・趣味用品

新富士バーナー株式会社(愛知県)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

低温化での火力、重量、メンテナンス性、耐衝撃性における登山者がシングルストーブに対して頂いていた問題点を高次元で改善し使用感を高めるとともに、細部まで丁寧にまとめられたデザインに、より器具としての魅力を引立てている。

マイクロレギュレーターストーブの概要軽量かつコンパクト。
過酷な自然環境での使用シーンを考慮した、ハイエンドシングルストーブ。
本体内部に超小型減圧器(レギュレーター)を搭載することで、外気温に影響されることなく、安定した火力で使用可能。
一般的な点火装置付きのシングルストーブの平均重量が約100gに対して、重量を73gと軽量化し、登山者が荷物を背負う負担を軽減させた。
最も壊れ易い点火装置のリード線を、製品内部に埋め込む事で、点火装置を保護し耐衝撃性を高めた。
また、劣化し易いバーナー部を簡単に交換可能にすることで、製品のロングライフ化を図った。
達成しようとした目標「低温下での火力(使用感)」「1gでも軽い重量」「メンテナンス性」「耐衝撃性」など、登山者がシングルストーブに対して感じる問題点の改善を目指し、使用感を高めることで、登山者やウィンタースポーツ等を楽しむユーザーの生命をも左右することの有る「食」をサポート出来る器具を目指した。
プロデューサー新富士バーナー株式会社 代表取締役社長 山本晃
ディレクター新富士バーナー株式会社 専務取締役 山本宏
デザイナー新富士バーナー株式会社 開発部 西島丈玄
マイクロレギュレーターストーブのデザインについて登山や寒冷地という過酷な状況下で使用される調理器具の為、使用者の「食」を確実にサポートし、シーズンを問わずストレス無く、使用出来ることを第一に考えた。
ユーザーが使用するクッカーのサイズやパッキングなど、関連器具や持ち運びの方法等様々な検討を繰り返した。
、製品スペックを優先する余り、デザインが無骨に成り過ぎない様注意し、機械工具の様な「機能美」と呼べるデザインを目指した。
マイクロレギュレーターストーブはどのような使用者・利用者を想定したか登山上級者や、アウトドアスポーツを楽しむユーザーをターゲットとした。
登山者の中には過酷な環境を乗り越える為「軽量化の為に衣服のタグも剥す。
」とい言われる程、重量に対してシビアなユーザーも存在し、シーズンを問わず厳しい自然環境の中で使用されることを想定した。
マイクロレギュレーターストーブはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか登山をはじめアウトドアスポーツを楽しむ上で「食」は非常に大切な要素であり、食事を採る事で肉体的・精神的な疲労も軽減される。
本製品はレギュレーターを搭載したことで野外調理の際、安定した火力で調理が出来、常温時は勿論、寒冷地でも暖かい食事が得られる。
また、製品は小型・軽量にしたことで、バックパックの中の限られたスペースを有効活用出来、同時に製品重量が登山者に与える肉体的な負担を軽減した。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点製品のロングライフ化
その問題点に対し、どのように対応したかシングルストーブにおいて、バーナーの炎が当たる部分は他の部品に比べ劣化が激しい。
その為、炎の当たる部分のみ交換出来るようにし、長期間製品を使用し続けることを可能にした。
どこで購入できるか、どこで見られるかスポーツ量販店/弊社ホームページ
マイクロレギュレーターストーブをもっと見る・購入 楽天市場でマイクロレギュレーターストーブを探す

amazonでマイクロレギュレーターストーブを探す

Yahoo!ショッピングでマイクロレギュレーターストーブを探す

Yahoo!オークションでマイクロレギュレーターストーブを探す
オフィシャルサイト http://www.shinfuji.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
スポーツ・趣味用品の人気グッドデザイン