最後まで使える口紅容器

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

口紅容器

広告・宣伝のデザイン

atoo株式会社(大阪府) 山佳化成工業所(大阪府)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

口紅やリップクリームを使用している人であれば誰でも経験している使用最後の割り切れない気持ちを、とても丁寧に気持ち良く汲み取ってくれるデザインと言える。

日常のほんの僅かなストレスを丁寧に解決してくれるいいデザインである。

最後まで使える口紅容器の概要『口紅、最後まで無駄なく使えます。
』 口紅は、残り少なくなると容器に残ったまま直接唇に塗れなくなり、紅筆で掬い出す以外には使えずに、ついつい“ポィ”と、こんな時“カチッ”と音がするまで少し強く回し、残った口紅を少しずつ押し出せるように容器をデザインしました。
達成しようとした目標従来の操作方法を変えることなく、最後まで使える口紅容器をデザインすること。
量産する各樹脂部品の組み合わせから生じる寸法誤差を吸収し品質を安定させること。
プロデューサー山佳化成工業所 代表取締役 山佳 光彦
ディレクター山佳化成工業所 企画営業 山佳 誠秀
デザイナーatoo株式会社  太田悦嗣
最後まで使える口紅容器のデザインについて最後まで使えるデザインを体感して頂きたいと思っています。
最後まで使える口紅容器はどのような使用者・利用者を想定したか口紅のように、容器から繰り出して使用する繰り出し容器に関するもので、ファンデーション・クリーム等の仕上げ又は皮膚用化粧品料、染毛料等の頭髪用化粧品類、皮膚防護材等の医療用塗布材類など、その他、比較的柔らかいスティック状に形成可能な媒体用携帯容器。
最後まで使える口紅容器はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか従来の操作方法を変えることなく、現行の外枠容器への組み込みを可能し「最後まで使えない。
」と言う不満を解消しました。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点口紅を容器に残したまま廃棄することは少なからず環境に与える影響があると考えています。
口紅を容器に残さなければ、空き容器は適切に処理することが可能です。
廃棄する際には残った口紅を取り出して下さいと呼びかけたり、環境に与える影響をアナウンスしながら、気軽に分別活動に参加できる方法を模索しました。
その問題点に対し、どのように対応したか「最後まで使えない。
」と言う不満を解消することで、容器からの口紅の分別を促し、リサイクルの提案、廃棄ルールの提案、押し付けない活動の提案などを表現しました。
最後まで使える口紅容器をもっと見る・購入 楽天市場で最後まで使える口紅容器を探す

amazonで最後まで使える口紅容器を探す

Yahoo!ショッピングで最後まで使える口紅容器を探す

Yahoo!オークションで最後まで使える口紅容器を探す
オフィシャルサイト http://www.atoo.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
広告・宣伝のデザインの人気グッドデザイン