パイオニア HTZ-LX61DV

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ホームシアターシステム

携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューター

パイオニア株式会社(東京都)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

プロポーションの違う複数のスクエアーなユニットそれぞれに、要素をミニマルに表現しつつ、遊び心と緊張感が表現されており、シアターシステムとしての精度感を演出している。

外装素材のアルミヘアライン仕上げの質感も高く、全体に価値観高くまとまっている。

パイオニア HTZ-LX61DVの概要5.1chDVDホームシアターシステム。
新しいスピーカー技術や信号処理技術を用い、小型ながら臨場感あふれる音場を実現。
映画鑑賞に重点を置き、美しい映像と音質を楽しむために無駄な要素を排除し、残された本質を磨いていくアプローチから生まれたシアターシステムである。
特に、映画鑑賞中は画面に集中して頂くさりげない配慮として、本体部に測距センサーを使用し、人が近づくと表示やタッチセンサーのイルミネーションが発光し、離れると消灯する機能を取入れた。
また、小型スピーカーは持って見ると分かる、本格的な音を感じさせる重量となっている。
達成しようとした目標自宅での映画鑑賞時に、美しい映像と音質を楽しむために、無駄な要素を排除し、残された本質を磨いていくアプローチで、凝縮されたクォリティーを実現する。
コンパクトでありながら、さりげなく本質の品格を表現し、上質な映画鑑賞を演出する。
プロデューサーパイオニア株式会社 HBG事業企画部オーディオ企画部システム企画課 後藤淳
ディレクターパイオニアデザイン株式会社 プロダクトデザイン部3スタジオ 本間淳也
デザイナーパイオニアデザイン株式会社 プロダクトデザイン部3スタジオ 鈴木智尚
パイオニア HTZ-LX61DVのデザインについて「メカ部分」と「電子基盤」といった内蔵物のレイアウトを、処理・異なる素材の組み合わせによりアンシンメトリーで斬新な表現にこだわった。
パイオニア HTZ-LX61DVはどのような使用者・利用者を想定したか薄型大画面TVで、映画鑑賞を楽しみ、さりげない本質や上質を求める人達。
パイオニア HTZ-LX61DVはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかコンパクトであるが、高音質を実現し、上質な映画鑑賞を演出。
また、さりげなく本質と上質を、リビングに調和させる事を実現した。
パイオニア HTZ-LX61DVをもっと見る・購入 楽天市場でパイオニア HTZ-LX61DVを探す

amazonでパイオニア HTZ-LX61DVを探す

Yahoo!ショッピングでパイオニア HTZ-LX61DVを探す

Yahoo!オークションでパイオニア HTZ-LX61DVを探す
オフィシャルサイト http://pioneer.jp/index.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューターの人気グッドデザイン