パイオニア KRP-500A

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

50, 60V型デジタルハイビジョンプラズマテレビ

携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューター

パイオニア株式会社(東京都)

2008年度 グッドデザイン金賞 受賞

北米市場を席巻したサムスンの「三次曲面+ピアノブラック」を追随するモデルが多い中で、あえて切削加工のフレームを用いてミニマルな表現に徹している点がすがすがしい。

「100000:1のコントラストが生み出す深淵な黒」、「ディスプレイとレシーバーの分離による超薄型設計」などの技術的な特性とスタイルが非常に良くマッチしている。

加工技術もミニマルな表現の品質を良く支えている。

パイオニア KRP-500A/ KRP-600Aの概要メディアレシーバーとディスプレイ別体のFHDプラズマテレビ・セパレートモデル。
(50型/60型) 1920×1080p画素という圧倒的な高精細を誇るフルHD本来の映像を 100000:1の圧倒的なコントラストが生み出す深淵な黒、鮮やかな色合いによる究極の映像美を表現。
ディスプレイ部は厚さ64mmに薄型化を計りより壁掛けへの対応を強化。
メディアレシーバー部は多様な拡張性を確保し、HDMI一本でディスプレイと接続。
よりテレビ周りのクリーン化を表現。
達成しようとした目標フラットパネルディスプレイとして究極の画質を目指し、より深い漆黒を表現。
それにより得られる鮮やかな色合いによる映像美を目指した。
セパレートモデルによりテレビ周りをクリーンにし、多彩な接続が可能なメディアレシーバーで拡張性を確保。
より多様性あるライフスタイルを提案。
プロデューサーパイオニア株式会社 HBG事業企画部ディスプレイ企画部PDP企画課 吉野俊重
ディレクターパイオニアデザイン株式会社 プロダクトデザイン部3スタジオ 上野正吾
デザイナーパイオニアデザイン株式会社 プロダクトデザイン部3スタジオ 船山達史、薗田俊行、伊藤継介、長沢秀哉
パイオニア KRP-500A/ KRP-600Aのデザインについてセパレートモデルによる薄型化とメディアレシーバーにより、インテリアの中でよりTV周りをクリーンに上質なライフスタイル表現。
パイオニアの標榜する、高品位な映像と音の世界をデザインとして表現するために、画面周りの要素を排除したレス・エレメントデザインを採用。
シンプルでミニマルなデザインにより、映像の美しさを際立たせます。
パイオニア KRP-500A/ KRP-600Aはどのような使用者・利用者を想定したかテレビに対する意識が高く、より高画質・高音質・デザインにこだわりを持ったプレミアムなユーザー。
パイオニア KRP-500A/ KRP-600Aはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか普通のテレビでは味わえない、ハイクオリティーな映像表現による感動とデザインによる所有する喜び、快適な操作感を提供。
パイオニア KRP-500A/ KRP-600Aをもっと見る・購入 楽天市場でパイオニア KRP-500A/ KRP-600Aを探す

amazonでパイオニア KRP-500A/ KRP-600Aを探す

Yahoo!ショッピングでパイオニア KRP-500A/ KRP-600Aを探す

Yahoo!オークションでパイオニア KRP-500A/ KRP-600Aを探す
オフィシャルサイト http://pioneer.jp/pdp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューターの人気グッドデザイン