特急列車リニューアル スーパーはくと HOT7000系

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

鉄道車両

乗用車、バイク、自転車、モビリティ関連商品

株式会社タグ・インターナショナル(東京都) 智頭急行株式会社(鳥取県)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

地方鉄道の「もてなし」のコンセプトを、地域の工芸産業の技術などによって見事に表現し、地域からのものづくりのメッセージを、都市圏から来る乗客に伝える新しい考え方や、地域と都市を繋ぐインテリアのデザインは素晴らしい。

地球環境をテーマとした地域の素材選定も、車両インテリアデザインの新しい方向を完成度高くまとめ上げることに成功している。

特急列車リニューアル スーパーはくと HOT7000系の概要「旅への期待と思い出づくりのおもてなし」の考えを基本に従来の考えである単なる交通移動手段としての鉄道でなく、乗って楽しんで満足していただくことを期待し、お客様の目的でもある地元の様々な観光地や地場産業の民工芸品を積極的に採用して、より満足できる空間を演出した(客室内、デッキ部分など)。
達成しようとした目標どなたでも気軽に鉄道を利用してもらう為に、喫煙室(全席禁煙化に伴う新設)、ドアチャイムや点字(身体の不自由なお客様の為新設)、通路照明改良、使い易い木製のシート取手、ベビーベッド、何でも入るソフトタイプボトルホルダーやフックの設置など、親切で、かつわかりやすいユニバーサルデザインの展開を図った。
プロデューサー智頭急行株式会社 代表取締役社長 池上勝治
ディレクター株式会社タグ・インターナショナル デザイン企画 主管 猿川洋史
デザイナー株式会社タグ・インターナショナル デザイン企画 主管 猿川洋史、萩原千恵美
特急列車リニューアル スーパーはくと HOT7000系のデザインについて”もったいない”をテーマに新造でなく、お金も無駄にかけずリニューアルで省資源、環境保護や社会貢献をデザイナーとしてやることが重要と思いデザインした。
「旅」という行動の中に人間的な「和みの空間」をコンセプトに鉄道利用者の高齢化、地方の活性化、伝統工芸の保存育成、自然環境の保護、と効率化で忘れられていく温もりのある手仕事の「用の美」を現代の交通システムの中に文化の再発見をさせたかった。
特急列車リニューアル スーパーはくと HOT7000系はどのような使用者・利用者を想定したか市場調査をコンスタントに行った結果高齢の夫婦、女性観光旅行者、及び中年男性ビジネスマンが中心であることが判ったので それらのユーザーを想定した。
特急列車リニューアル スーパーはくと HOT7000系はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか絣、和紙、陶器、杉材を安全性が要求される鉄道車両に適応できるよう工夫、加工し地場産業の育成と手作りの伝統工芸品を乗客が直接、触ったり、使って体感できる暖か味のある”現代に生きる用の美”として採用した。
利用者に地元の文化、歴史、自然に対する関心を持たせ若い世代にも伝統文化を体感させ、その大切さ、保存育成を啓蒙する。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点公共交通の場を活用し、健全な民工芸品の普及、発展、と地場産業の育成の為、倉吉絣、因州和紙、因州中井窯、智頭杉をデッキ部の設備やカーテン、ガラス扉、照明機器に大幅採用、体感出来るトータルインテリアコーディネートをした。
座席にはプライウッドのシート背面、肘掛、テーブルを採用、有害なプラスチック材の削減と自然素材の拡大採用でCO2削減、リサイクル上分別し易い座席構造を採用した
その問題点に対し、どのように対応したか和紙、杉材、絣カーテンの難燃化、振動で割れ易い陶器の中井窯の手洗い鉢の取り付け構造改良で解決した。
客室ドア、喫煙室ドアに因州和紙をサンドイッチしたガラスドアを採用しプライバシーの確保と破片の飛散防止を図った。
座席の構造もプライウッドのフレームにクッション材、表皮材を分別リサイクルを考え接着を廃止、簡単なマジックテープで固定、肘掛木部も歩留まりの良い単純なR形状を採用した。
特急列車リニューアル スーパーはくと HOT7000系をもっと見る・購入 楽天市場で特急列車リニューアル スーパーはくと HOT7000系を探す

amazonで特急列車リニューアル スーパーはくと HOT7000系を探す

Yahoo!ショッピングで特急列車リニューアル スーパーはくと HOT7000系を探す

Yahoo!オークションで特急列車リニューアル スーパーはくと HOT7000系を探す
オフィシャルサイト http://www.chizukyu.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
乗用車、バイク、自転車、モビリティ関連商品の人気グッドデザイン