ベビーシートMS

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

折り畳み式おむつ交換台

公共用途の機器・設備

コンビウィズ株式会社(東京都)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

ベビーシートの開発で定評のある企業の、さらにコンパクトな折り畳み式である。

N700系新幹線搭載の実績が示すように、コンパクトさは申し分なく、ベッド開閉はスムースで静かだ。

ベビーシートMSシリーズの概要小型で狭いトイレにも設置可能な折り畳み式おむつ交換台。
アルミフレームを採用し、当社従来比で56%に軽量化を実現。
難燃材料採用により、商業施設をはじめ鉄道車両にも設置可能(鉄道車両には車両用のバリエーションのみ適合)。
東海道新幹線N700系のトイレにも搭載されました。
スプリングとダンパーによる軽く静かなベッド開閉、お子さまを守る高めのサイド・ヘッドガード、片手でワンタッチで長さ調節しながら固定できるベルトなど、操作性や快適性の技術を集約しました。
達成しようとした目標既存の小型ブーストイレへの設置促進、バリアフリー新法で設置が進む交通機関等へのニーズ適合。
その他一般商業・公共施設への設置拡大。
プロデューサーコンビウィズ株式会社 企画部 部長 荒井雄一
ディレクターコンビウィズ株式会社 企画部 開発企画グループ 主査 麻上秀篤
デザイナー有限会社賀風デザイン事務所 R&Dセンター長 西澤稔
ベビーシートMSシリーズのデザインについておむつ交換台のさらなる利用機会の拡大が求められる社会背景と、今までの「一般商業施設トイレ」から新たに「個室ブース、輸送機器」向けへ移行した開発コンセプトを強く意識しました。
公共施設向け製品として、収納時のスッキリとした造形や、使用時の基本機能は継承しつつ、利用者であるお子様連れの家族の笑顔を願ってデザインしました。
ベビーシートMSシリーズはどのような使用者・利用者を想定したか乳幼児を連れて外出先でおむつ交換が必要な方。
ベビーシートMSシリーズはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか狭い既存トイレ、鉄道車両など、従来ではおむつ交換できる機会の少ない場所へ設置機会を増やし、子連れ外出時の公共トイレの利便性を高めました。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点車両用のバリエーションでは、東海道新幹線N700系への採用条件として、輸送エネルギー効率向上のための厳しい軽量化や、鉄道車両用材料に適合する燃焼試験性能を求められました。
その問題点に対し、どのように対応したかアルミフレーム採用など工夫を重ね、軽量化と基本機能の充実を実現しました。
ベビーシートMSシリーズをもっと見る・購入 楽天市場でベビーシートMSシリーズを探す

amazonでベビーシートMSシリーズを探す

Yahoo!ショッピングでベビーシートMSシリーズを探す

Yahoo!オークションでベビーシートMSシリーズを探す
オフィシャルサイト http://www.combiwith.co.jp/biz/products/index.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
公共用途の機器・設備の人気グッドデザイン