四万十ヒノキの積み木

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

積み木

医療や教育・研究に関する用品と機器設備

トノプロダクト(東京都)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

魅力的な積み木を開発してきたトノプロダクトであるが、本製品はこれまで以上に魅了的で、ギフト商品の定番となりそうな予感がある。

高知県四万十ヒノキの間伐材を集成材としているために、定番商品となれば地域の林業組合の活性化に貢献すること大だ。

ピアノの鍵盤をモチーフとし、正目と小口を上手に利用した天然塗料による優雅なストライプがデザインの基調だが、伝統的造形に頼ることのない新しさ、美しさを評価する。

四万十ヒノキの積み木の概要高知県四万十檜の間伐材を使用した積み木。
代表的な製品はピアノの鍵盤を模した形状。
正材に比べ、軟らかく変形しやすい材を含む間伐材のデメリットを、今回開発した集成材を採用することで解決し、さらに、集成材の正目と小口面への塗装のみ具合の差を生かし、これまでにない自然によるストライプを作り出した。
檜の特徴である小口の年輪の美しさも際立て、傷も目立ちにくくする。
単なる間伐材利用から一歩進め、材料そのものの魅力を創出した。
ビニールレザー貼箱に収めコンパクトで持ち運びに便利、子供から大人まで多くの人が楽しめギフトにも最適。
L字型ピースにより、少量ピース数にもかかわらず、豊富な造形バリエーション。
達成しようとした目標間伐材の利用を促進することで、四万十町の林業組合の雇用創出を図る。
その結果、林業が活性化し、間伐が適正に行われることにより、山が元気になり、樹木によるCO2の吸収が増え、地球環境に貢献する。
間伐材の関連商品を地域の商品とすることで、利用を積極的に利用し、地球環境への意識を高める。
プロデューサー登内徹夫
デザイナー登内徹夫
四万十ヒノキの積み木のデザインについて国産材を使いたいと考えました。
日本には美しい木目を楽しむ木の文化があります。
ヒノキはその象徴的な材料です。
ヒノキの間伐材を使用して、できるだけ美しく、できるだけ多くの人が楽しめて、手に触れられる商品、木を身近に感じられる商品を企画しました。
地球環境を考えたCO2の抑制も、まずは身近な日本の森を健全にすることを目標とするなど、多くの人が環境について考える機会となることを期待します。
四万十ヒノキの積み木はどのような使用者・利用者を想定したか全ての人(幼児からお年寄りまで)、四万十を訪れた人、音楽好きな人、環境問題に興味のある人、デザイン好きな人
四万十ヒノキの積み木はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか国産材に触れる機会を作った。
檜の間伐材を使用しながら、集成材の積層を生かして正材に勝る美しさを創出した。
間伐材の問題をきっかけに林業や環境の問題意識を高めた。
各家庭に既にある積木と異なる形状で、子供からお年寄りまで皆が知っているピアノをモチーフに、ギフトにも最適なものとした。
各家庭に絵本が何冊もあるように,積木も家庭に一種類だけでなく、複数で積木ごとに違った楽しみ方ができることを提示した。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点「間伐」とは、木を健全に育成するために、密集した樹木間に適当な間隔を空けるために間引くこと。
輸入材の増加、人件費のコスト増などの理由から適正に間伐されている山は減少。
林業を活性化し、身近な日本の森を元気にすることは、地球環境を考えた場合にも有効である。
近年、間伐材の活用は全国で様々に試みられているが、他の材料の代用的なものが多く、客観的に正材を超える美しさや活用方法がなかった。
その問題点に対し、どのように対応したか軟らかく変形しやすい間伐材の特性を、集成材を採用することで解決。
さらに正目と小口面の塗装の吸い込み具合の差を利用し、自然によるストライプ状の意匠としながら、檜の特徴である木目の美しさを際立たせ、正材に勝る魅力を創出した。
コンパクトで持ち運びに便利、ギフトに最適な形状とし、パッケージには当社メーカー名の代わりに地域名である「四万十」を冠することで、より一層地域と環境の大切さをアピールする。
四万十ヒノキの積み木をもっと見る・購入 楽天市場で四万十ヒノキの積み木を探す

amazonで四万十ヒノキの積み木を探す

Yahoo!ショッピングで四万十ヒノキの積み木を探す

Yahoo!オークションで四万十ヒノキの積み木を探す
オフィシャルサイト http://t-tono.com

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
医療や教育・研究に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン