mt

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

マスキングテープ

オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備

カモ井加工紙株式会社(岡山県)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

マスキングテープを多色にしただけ?といえばそれで終る商品であるが、色彩のバリエーションと質感が美しい点はもちろん、何よりも使う人の創造力をかき立てる魅力を評価した。

理屈で言えば、塗料の色や対象物と反対色を選び見やすくする。

マスキング以外にメモができる。

長さを自由に査定できる。

付箋代わりに使えるなどさまざまある。

創作者の商品に対する愛情が、訳もなくさまざまな色彩のテープを買いたくなる衝動を呼び覚ましそうなチャーミングなデザインであった。

mtの概要従来、産業用・養生用として使われてきたマスキングテープの「張る素材を傷めない」という機能性に着目し、そこにカラフルな色の魅力を加えた文具、雑貨向けのテープです。
和紙の持つ素材感、「透け感」を生かした32色・柄のバリエーションがあります。
貼りなおすことができる、手で切ることができる、上に字を書くことができる等の特長を持っています。
メモ張りやラッピング、コラージュやスクラップブッキングなどアイディア次第で用途は無限大です。
達成しようとした目標文具・雑貨向けという今までなかったジャンルへマスキングテープの新たな可能性を提案しようとしました。
プロデューサーカモ井加工紙株式会社 営業・企画 谷口幸生、広報・企画 高塚 新、製造 逸見 尚亨
ディレクター斉藤 和男
デザイナー辻本 歩
mtのデザインについてユーザーの一人としてマスキングテープが好きでした。
色については業務用ではありえなかった「淡い明るい色や渋い 色」をバランス良く選び、パッケージは買った後もテープを保管しておけるよう留意しました。
マスキングテープは建設現場等で必ず使われていますが「和紙 」ベースで「手」でちぎれる。
また、剥がすのが比較的ラクという、使い勝手の良さをもっと沢山の人に知って頂けたらと思います。
mtはどのような使用者・利用者を想定したか文具や雑貨の好きな若い女性をユーザーの中心と想定しました。
mtはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかパソコンではできないちょっとした手作り感覚をもたらすと同時に、何気ない日常のさまざまな「物」に彩りを添えることができました。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点産業用では定評のあった日本発祥の和紙マスキングテープの良さ(薄い・強い)を文具・雑貨向けとしてもアピールしていくことでした。
その問題点に対し、どのように対応したか和紙マスキングテープの特長である透ける感じを生かした色の選定を考慮しました。
色の名前も「和」を意識したものにしました。
mtをもっと見る・購入 楽天市場でmtを探す

amazonでmtを探す

Yahoo!ショッピングでmtを探す

Yahoo!オークションでmtを探す
オフィシャルサイト http://www.masking-tape.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン