フリクションボール ビズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ボールペン

オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備

株式会社パイロットコーポレーション(東京都)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

ペン後部のラバーで筆跡を擦ると、摩擦熱で色が無色に変わる機能性に魅力があります。

その機能性を上品な質感を備えたシンプルなスタイリングにまとめている点を評価しました。

本体の感触、重量バランス、書き心地も良く、丁寧にデザイン設計されていることを感じさせるデザインです。

フリクションボール ビズ/ LFB-150EFの概要当社商品である「フリクションボール」は、ペン後部の専用ラバーで筆跡をこすり摩擦熱で色を無色にする「消せるゲルインキボールペン」として2007年に発売。
本商品は同インキを搭載し、外装をシンプルな金属ボディでビジネス層をターゲットにした。
スーツなどに収まりやすいように最大径は約9.2mmの細さに仕上げ、ボール径は極細の0.5mmタイプで細かい書き込みが可能。
レフィル交換式で5色のシックなカラー(ブラック・シルバー・ゴールド・カッパー・ホワイト)をラインナップ。
軸尾の消去ラバーは交換パーツとして別売りしている。
達成しようとした目標「フリクションボール」が低年齢層をターゲットとした外観であった為、ビジネスシーンでの利用に適した商品が欲しいという声に応えたのが本商品である。
プロデューサー株式会社パイロットコーポレーション
ディレクター株式会社パイロットコーポレーション
デザイナー株式会社パイロットコーポレーション 営業企画部 デザイン室 吉田桃子
フリクションボール ビズ/ LFB-150EFのデザインについてビジネス層ターゲットの商品としてデザインするにあたり、仕事をする人の凛とした雰囲気を大切にし、シンプル且つクールなものにしたいと考えた。
スリムで直線的なデザインを基調とし、ビジネスマンやOLが携帯電話や手帳などと合わせ持ったシーンをイメージしたカラーリングでまとめた。
フリクションボール ビズ/ LFB-150EFはどのような使用者・利用者を想定したか手帳や資料への書き込みを多く行うビジネス層が、何度でも書き消し可能というメリットを存分生かせるのではないかと想定した。
フリクションボール ビズ/ LFB-150EFはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか「消えるボールペン」である特徴を踏まえ、外装をシンプルな金属ボディに塗装を施して高級感を与え、身に着けやすいスリムタイプにしたことによりビジネスの現場に馴染みやすくした。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点使い切りの場合は本体に劣化が見られなくても、レフィルの中身が無くなってしまうと破棄することになる。
そのため本体を末永く繰り返し使えるようにしていく必要性があった。
また「フリクションボール」では消去用ラバーは交換出来なかったので考慮する必要性があった。
その問題点に対し、どのように対応したかレフィル交換式で、本体の繰り返しの使用が可能。
また基本的に摩擦によるラバーの減りは無いとしているが、使用頻度が高いと多少の劣化がおこるため、消去用ラバーを別売りして交換出来るようにした。
フリクションボール ビズ/ LFB-150EFをもっと見る・購入 楽天市場でフリクションボール ビズ/ LFB-150EFを探す

amazonでフリクションボール ビズ/ LFB-150EFを探す

Yahoo!ショッピングでフリクションボール ビズ/ LFB-150EFを探す

Yahoo!オークションでフリクションボール ビズ/ LFB-150EFを探す
オフィシャルサイト http://www.pilot.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン