ZW(ZW30

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ホイールローダ

生産、加工、流通に関する用品と機器設備

日立建機株式会社(東京都) TCM株式会社(東京都)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

制約事項の多い中で、ここまでキュートなスタイリングを実現させたことは高く評価したい。

低振動・低騒音・低燃費なエンジンを搭載したことや小回りの利く作業性など、機能的にもすばらしい。

ZWシリーズ(ZW30、ZW40、ZW50)キャノピ仕様の概要【用途】主に土砂の積込・整地および移動などに利用 【目的】土木工事等の効率化【特長】ミニタイプのホイールローダ●排出ガス3次規制に対応しつつ、低振動・低騒音・低燃費なエンジンを搭載し、時代にマッチした環境対応を実施 ●優れた車体重量バランスによる安定性、高出力エンジンによる大きな積込み能力、小旋回性により高い作業性能を実現●自動変速機構・疲労低減シートによる快適な操作性と居住性、ハイレベルな安全性、無理のない姿勢で後方集中メンテナンスができる車体
達成しようとした目標オペレータや購入者に対して●建設機械としての力強い機動性の表現という本質の追究により、基本を重視する企業姿勢を伝え企業の信頼性・安心感を提供●働く機械としての徹底した機能性の追究により、高い使用価値を提供●中大型機シリーズと一環した思想・イメージの追究により、企業の信頼性を提供
プロデューサーTCM株式会社 建設車両事業部 ホイールローダ開発センタ 副センタ長 蛭田公一
ディレクター株式会社日立製作所 デザイン本部 社会ソリューションデザイン部 主任デザイナー 平岡一彦
デザイナー株式会社日立製作所 デザイン本部 社会ソリューションデザイン部 主任 平岡一彦、 竹内明隆
ZWシリーズ(ZW30、ZW40、ZW50)キャノピ仕様のデザインについて【企業イメージの明確化】新しいデザイン表現に挑戦しつつ、大型機とのイメージ統一を図り、幅広い視野から一貫した企業イメージ造りに注力 【建設機械にふさわしいデザインの在り方の追究】プロユース商品として物理・心理の両面から高い使用価値を追究 【魅力あるデザインの創造】機械への愛情を持ちユーザーの心に響く造型・色彩・質感を追究
ZWシリーズ(ZW30、ZW40、ZW50)キャノピ仕様はどのような使用者・利用者を想定したか総合工事業、管工事業、建材販売業、除雪・排雪業、農業、畜産業、産業廃棄物処理業、リース・レンタル業など。
企業においては、実際に車両を運転する20?30代の若手オペレータ(男女問わず)。
農業、畜産、除雪では、若者も対象ではあるが、50?60代の高齢労働者。
ZWシリーズ(ZW30、ZW40、ZW50)キャノピ仕様はその使用者・利用者にどのような価値を実現したかあらゆる場面における快適性。
【作業性能】高出力エンジンとそれにマッチした駆動装置の組合せにより、無理なく作業が可能。
対従来機比較で作業能力7?17%アップ【居住性】疲れの少ない運転席シート、耳元騒音の低減。
【整備性】フルオープンボンネットおよびローウェストカウンタウェイトにより、点検・整備が無理な姿勢をとらず楽に作業が可能。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点●排ガス規制(環境省・経済産業省・国交省)・・・特定特殊自動車排出ガス規制法(通称:オフロード法) ●騒音(国交省)・・・低騒音型建設機械指定制度の超低騒音型建設機械 ●環境負荷物質の低減
その問題点に対し、どのように対応したか●排ガス・・・規制に適合したエンジンの採用。
また、エンジン回転数を従来機より下げて使用する為に駆動装置・油圧装置の仕様変更を実施。
●騒音・・・エンジン、油圧機器の低騒音化。
●環境負荷物質・・・アルミ製ラジエータ(鉛レス)の採用、六価から三価クロムメッキへの切替え。
ZWシリーズ(ZW30、ZW40、ZW50)キャノピ仕様をもっと見る・購入 楽天市場でZWシリーズ(ZW30、ZW40、ZW50)キャノピ仕様を探す

amazonでZWシリーズ(ZW30、ZW40、ZW50)キャノピ仕様を探す

Yahoo!ショッピングでZWシリーズ(ZW30、ZW40、ZW50)キャノピ仕様を探す

Yahoo!オークションでZWシリーズ(ZW30、ZW40、ZW50)キャノピ仕様を探す
オフィシャルサイト http://www.tcm.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
生産、加工、流通に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン