VT-X

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

インラインX線CT自動検査装置

生産、加工、流通に関する用品と機器設備

オムロン株式会社(京都府)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

非常に明快なスタイリング構成で優れたデザインといえる。

無骨になりがちな板金仕上げを、とても巧く処理して、高級感を感じさせる工夫がされている。

モニター位置、制御板などの位置も良く考えられている。

VT-Xの概要本製品は、X線を使ったプリント基板に実装される電子部品のハンダ付けの状態を検査する装置である。
自動化された実装ライン(プリント基板にハンダペーストを塗布し、電子部品を載せ、リフロー炉でハンダを溶かしてプリント基板と電子部品を電気的に結合させる一連の工程)で自動的に高速で検査を行うことができる。
X線を使った断層画像を得られる装置の為、光学的な外観検査装置では検査することができなかったBGA(部品の裏面にてハンダボールとプリント基板が電気的に結合するもの)などの見えない部分のハンダ形状の検査を可能とした。
プロデューサーオムロン株式会社 インダストリアル オートメーション ビジネスカンパニー ビジョンシステム事業部 開発部 第1グループ 中島克起
ディレクターオムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 技術統括センタ 企画室 デザイングループ 名田平太
デザイナーオムロン株式会社 名田平太+株式会社タックデザイン 松藤和樹
VT-Xのデザインについて高品質を要求される電子部品の検査装置として、製造ライン上で埋没することのない存在感があり、検査工程に於いて「揺るぎの無い厳格な審判」を感じさせるような、重厚で且つ精緻な造形とした。
メンテナンス時の操作性を考慮し、全開時の出幅を抑えたスペース効率の良い折戸式のメンテナンス扉とし、操作パネルを一体化することで、開口面積と操作性を両立させた。
更にモニタも上下左右スライドとスイベルで自由に移動可能とした。
VT-Xはどのような使用者・利用者を想定したかプリント基板に電子部品を実装する工場(工程)において、そのメンテナンスを担当される方、歩留まりや生産効率を管理する技術者、工程を実際に稼動させる方、目視検査を担当される方
VT-Xはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか従来自動検査できなかったX線を使った透視像の確認を自動的にできるので、肉眼を酷使する作業から開放され、さらに歩留まりや生産効率が向上する
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点製品の不良の流出により製品の廃棄が増え、プリント基板を搭載される最終製品が人命に関わる場合は安全が妨げられる可能性がある。
また、製品の交換のために無駄が発生する
その問題点に対し、どのように対応したか-
VT-Xをもっと見る・購入 楽天市場でVT-Xを探す

amazonでVT-Xを探す

Yahoo!ショッピングでVT-Xを探す

Yahoo!オークションでVT-Xを探す
オフィシャルサイト http://www.omron.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
生産、加工、流通に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン