NEアパートメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

賃貸集合住宅

住宅や住宅設備

株式会社アールエイジ(東京都) 株式会社ナカエ・アーキテクツ(東京都) 高木昭良建築設計事務所(東京都) 有限会社オーノJAPAN(東京都)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

旗竿地に8戸のバイク愛好家の長屋を建てるという条件を、円弧状に大きくカーブした壁面の中庭を挿入することで見事に解決しユニークな集合住宅を実現させている。

中庭のカーブがバイクの転回のしやすさにも貢献していて、形と機能が密接にリンクしているところも良い。

NEアパートメントの概要バイク愛好家を入居者として想定し、各住戸にビルトインガレージを設けた長屋形式の賃貸集合住宅である。
8戸分の容積とエントランスの間口に必要な壁面長を確保しながら、できるだけ広がりのある外部空間になるよう、壁面を円弧状に大きくカーブさせている。
バイクの転回が容易になるだけでなく、通路というよりは広場のような、行き止まり感のない明るい空間にしたかった。
広場を中心に放射状に配した構造体としての界壁を緩やかにカーブさせ、洞穴のような、小さいながらも広がりのある空間をつくっている。
道路から広場、各住戸のガレージ、上階の居室へ、住まい手の行為と同様、道路の延長のように空間もなめらかにつながっている。
達成しようとした目標高い経済性が要求される賃貸集合住宅という商品としての建築物をデザインするにあたり、旗竿敷地やバイク愛好家のための住宅という特殊な条件を逆手に取って、経済性を十分にクリアしながら、住まい手にとって、あるいは都市の風景をつくる構築物として、いかに魅力ある建築物をつくることができるか。
高いレベルでの経済性とデザインの魅力の両立を目指した。
プロデューサー株式会社アールエイジ 代表取締役 向井山達也/空間事業本部 リーダー 伊藤晋作
デザイナー株式会社ナカエ・アーキテクツ 代表取締役 中永勇司+高木昭良建築設計事務所 代表 高木昭良+有限会社オーノJAPAN 取締役 大野博史
NEアパートメントのデザインについて建築のデザインでは、経済性や施工性などの合理性を追求するあまりか、カーブは敬遠されやすい。
道路や橋のような土木デザイン、バイクや食器のようなインダストリアルデザイン、その中間のスケールにあって、もっとも人に近いはずの建築デザインにおいて、今回の計画では土木やインダストリアルと同じように、あくまでも人が使う対象物としての合理性を持ってカーブがデザインされている。
NEアパートメントはどのような使用者・利用者を想定したか20代、30代の独身のバイク愛好家を想定している。
NEアパートメントはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか賃貸住宅にあって、大切なバイクと共に暮らことのできる貴重な住空間を実現している。
また、没交渉になりがちな賃貸集合住宅にあって、共通の趣味を持つ仲間として、自然とコミュニケーションが発生してしまうような、全く新しい集合住宅の形式を実現することができた。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点駐輪場の不足に起因するバイクの道路不法占拠やバイクの盗難事件など、社会的に解決すべき課題がある。
その問題点に対し、どのように対応したかバイクを直接住戸に持ち込むというアイデアによって、バイクの愛好家が安心してバイクを所有し、また近隣の市民にも迷惑をかけることのない、集合住宅をつくることができた。
NEアパートメントをもっと見る・購入 楽天市場でNEアパートメントを探す

amazonでNEアパートメントを探す

Yahoo!ショッピングでNEアパートメントを探す

Yahoo!オークションでNEアパートメントを探す
オフィシャルサイト http://nakae-a.jp/works_neap

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン