△の家

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

戸建て住宅

住宅や住宅設備

こぢこぢ(東京都)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

住宅密集地に建つ戸建住宅は、ボリューム確保のために敷地の輪郭をできるだけそのまま立ち上げて縦長の壁面をつくることが多い。

一方この住宅は道路斜線をトレースしているため、1階分の壁の上に大屋根のようなボリュームが乗っている。

この構成は建物単体のデザインを越えて外部環境を改善している。

街路を歩くと大屋根によって空が広く見え、通り抜け通路によって周囲に拡がりがつくられていることを評価したい。

△の家の概要張り巡らされた路地、狭い間口に建つ、△の家。
場所は郊外駅近くの住宅密集地域です。
南北を道路に挟まれた敷地のため、建物高さを制限する斜線が両側から迫ります。
最大ボリュームを確保するため、斜線制限が作り出すラインに沿って△の空間を切り出しました。
この△を土台となる小箱の上に積み上げています。
木造の△空間の上段は寝室、下段にはLDKを配置し、1階には水廻り・倉庫・いろり部屋がそれぞれコンクリート製の小箱となって、若い住まい手の居住空間を支えます。
隣家との間には、塀に代えて玉砂利を境界線をまたいで敷き、狭苦しくなりがちな建物周囲にも広がりを持たせました。
達成しようとした目標住宅密集地である敷地周辺には、程よい地域コミュニケーションが形成されています。
そして今回、張り巡らされた路地街区にまたひとつ小路地が生まれました。
隣家との話し合いによりあえて曖昧にした境界線が、両家間にほどよいスペースを作り、路地と路地を繋ぐ役割も併せ持ちました。
南北へ通り抜け可能なこの玉砂利小路が、「街に住む」感覚を呼び起こしてくれればと思います。
デザイナー小嶋良一
△の家のデザインについて若い住まい手が日々を楽しく過ごせるよう、そのアクティビティに働きかけたいと思いました。
上階とは構造も断熱性能も違う半屋外的な1階。
そこにあるトイレへ行くのは、ちょうど母屋から離れにある厠へ行くイメージです。
なんてことない日常の1行為を、この適度な距離感によって、ちょっとした動きのある1コマに変えたい。
△の家に、そんな「あそび」を持たせたいと思いました。
△の家をもっと見る・購入 楽天市場で△の家を探す

amazonで△の家を探す

Yahoo!ショッピングで△の家を探す

Yahoo!オークションで△の家を探す

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン