プロテクト PZ-1

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

マリンヘッドプロテクト/保護帽

スポーツ・趣味用品

マリンクラフトワン(東京都)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

水中の特殊環境を追求し、無駄を省き実現した安全効果は評価に値する。

プロテクト PZ-1の概要この応募品は水中で作業する潜水士の頭部保護や水中スポーツ(ダイビング)の識別に効果がある商品です。
従来ヘルメットの概念は頭をすっぽり覆うことでした。
陸上では落下・飛散・転倒など、全方位からの危険回避が要求されるからです。
しかし、水中では飛散も全方位からの危険も極めて少ないのです。
水中という特殊な物理的影響を受ける環境下で陸上の転用型ヘルメットは反対に危険要素となる要因が多数あります。
水中を知り尽くし、無駄なことを省き、意味のある要素だけを集約しましたら、この応募対象品のデザイン形状になりました。
水中・水面・水辺(サーフ)には驚く効果があります。
達成しようとした目標流通してます穴開き陸上転用型のマリンヘルメットとは違い、水中の特殊環境を追求して排気効果をデザインに取入れて完成した商品です。
危険予測時以外はかぶらないヘルメットと違い日常的に普段からかぶれるフードにプロテクトをプラスし安全の普及を提唱します。
普段から身に付ける習慣が怪我予防・災害予防にとても大きく作用し、マリンジェット・水面スポーツ・釣りなどで広く支持されることを目標に商品開発しました。
プロデューサー中町 章宏
ディレクター中町 章宏
デザイナー中町 章宏
プロテクト PZ-1のデザインについて極力、頭の形状と同じ曲線で且つ頭に密着していないと水抵抗などの応力が発生し、装着抵抗が増すので抵抗を最小限に抑えたい。
しかし、頭に完全に密着していたら水中といえども衝撃を逃がせないので相反する効果をいかに融合するかで苦心しました。
密着部の形状で衝撃を分散する為にリブ形状を採用し、排気する呼気のエアーの膨張浮力を発生させない為に効率の良い三分割排気孔の採用に機能美デザインの追求でした
プロテクト PZ-1はどのような使用者・利用者を想定したか初期の商品開発発想は潜水士(ダイバー)が主でしたが、水抵抗を考慮した製品作りの結果、水中・水面に関係する全てのスポーツ・作業時の使用に応用が広がりました。
マリンスポーツ全般、磯釣りを筆頭に釣り全般などです。
プロテクト PZ-1はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか持ち運びもガサばらないし、使用中もプロテクトが付いていることも忘れるほど違和感がない、抵抗を感じない、安心感がでる。
と評価多数いただいています。
船舶などからの落水時の再浮上で水面障害物との衝突衝撃を防止できると評価あります。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点ユニバーサルデザインに近づく配慮。
曲面採用で安全安心配慮、リサイクル可能なABS樹脂とエラストマー素材の導入採用により商品老朽化で廃棄される際、海洋汚染の防止の素に留意したこと。
その問題点に対し、どのように対応したかリサイクル現状を調査して廃品回収など廃棄物の回収比率が高い素材の選定を念頭に、耐侯性能に優れた素材選定を考慮。
プロテクト PZ-1をもっと見る・購入 楽天市場でプロテクト PZ-1を探す

amazonでプロテクト PZ-1を探す

Yahoo!ショッピングでプロテクト PZ-1を探す

Yahoo!オークションでプロテクト PZ-1を探す
オフィシャルサイト http://www.m-craftone.com/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
スポーツ・趣味用品の人気グッドデザイン