子どもの感性研究によるイノベーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

子どもとともにデザイン展

グッドデザイン・フロンティアデザイン賞

九州大学 ユーザーサイエンス機構 子どもプロジェクト(福岡県)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

子供の感性を大切にしつつ、科学技術の興味を高める試みとして高く評価できる。

子供目線から現行の多様なデザインを見直すという発想にも可能性を感じる。

子どもの感性研究によるイノベーション、ポストデザインの概要本プロジェクトは、既成のデザイン観にとらわれず、「子どもの感性」をキーワードにプロダクト・プロセスなどを集め、フォーラムを含めた巡回コンテンツ化することで、デザイナー、子どもたち、地域社会に暮らす人々とともに「Co-Design, Co-Development With Users」というポストデザイン手法を、創造・啓発するプロジェクトである。
また、大学の新しい知として、これまで教育・福祉的な「対象としての子ども」という概念を、「子どもの感性」をすべての人の「共感点」として視覚化・体験化することで、「方法としての子ども」という未来へビジョンを共有できるソーシャルデザインとしても発展させる。
プロデューサー南 博文、目黒 実
ディレクター西村 隆彦(デザイン・)、酒井 咲帆(プランニング・)
デザイナー西村 隆彦、野見山 聡一郎
子どもの感性研究によるイノベーション、ポストデザインのデザインについてクリエーションの現場では、良いプロダクトを生むために、暗黙知のように「子ども」がキーワードになる事があるが、「子ども性」と「デザイン」の曖昧な関係を、子どもたちも体験できる展示として情報整理するようにデザインし、デザイナーの中の「子ども」、一般の人の中の「子ども」、高齢者の中の「子ども」、子どもの中の「子ども」、すべての人に新鮮な価値観をもって「子ども」という共感点を得られるデザイン展にしたい
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項子どもに対しての展示の配慮。
コンセプトを体験や実感として感じてもらえる展示空間作り
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応子どもでも大人でも、世代を超えて魅力的に感じるデザイン構成
子どもの感性研究によるイノベーション、ポストデザインをもっと見る・購入 楽天市場で子どもの感性研究によるイノベーション、ポストデザインを探す

amazonで子どもの感性研究によるイノベーション、ポストデザインを探す

Yahoo!ショッピングで子どもの感性研究によるイノベーション、ポストデザインを探す

Yahoo!オークションで子どもの感性研究によるイノベーション、ポストデザインを探す
オフィシャルサイト http://www.kodomo-project.org

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
グッドデザイン・フロンティアデザイン賞の人気グッドデザイン