”食べる人・作る人・運ぶ人”が一体となって安全な野菜を育てるリサイクルシステム

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

家庭の生ゴミが良質な肥料に。消費者参加型家庭生ゴミ循環システム『エコキッチン倶楽部』

グッドデザイン・フロンティアデザイン賞

らでぃっしゅぼーや株式会社(東京都)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

単なる宅配だけでなく、生ゴミを集めるサブシステムのデザインがサイクルをつくっている。

コミュニティリサイクルの本質的なシステムとして重要な試み。

”食べる人・作る人・運ぶ人”が一体となって安全な野菜を育てるリサイクルシステムの概要会員宅で出る生ゴミを、各家庭で乾燥式生ゴミ処理機「リサイクラー」を使い、1/7の量に乾燥させる。
乾いた生ゴミは乾燥資源として毎週の商品お届けの際に回収。
全国5つの物流センターでまとめ、各地域の生産者の元へ運ぶ。
乾燥資源は有機肥料の原料の一部として有効利用され畑に戻し、有機・低農薬野菜となって会員へ再びお届け。
民間が一般家庭を対象とした生ゴミリサイクルとしては、日本初の試み。
2001年に開始した本取組みは、2007年5月現在1,533世帯が参加。
らでぃっしゅぼーやは家庭と生産地をつなぐ循環型社会へのビジョンを、消費者の皆様と共有できればと願っている。
プロデューサーらでぃっしゅぼーや株式会社 代表取締役社長 緒方大助
ディレクターらでぃっしゅぼーや株式会社 MD部長 泉原兵庫
デザイナーらでぃっしゅぼーや株式会社 MD部 エコロジーグッズ課 関本 朗
”食べる人・作る人・運ぶ人”が一体となって安全な野菜を育てるリサイクルシステムのデザインについて食品加工業者や外食産業から排出される生ゴミは、食品リサイクル法により排出制限が義務づけられている。
しかしながら、国内で排出される生ゴミ全体の約半分は家庭から排出される生ゴミである。
この問題に対し、らでぃっしゅぼーやの「会員制宅配システム」と「生産者とのネットワーク」の輪をつなぐことによって、生ゴミの回収・運搬・処理・再利用の一連の流れを解決策として社会へ提案したいと考えた。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項住んでいる市町村が生ゴミのリサイクルに取り組んでいなくとも、らでぃっしゅぼーやの会員制宅配システム利用すれば、生ゴミを資源化することに気軽に参加できる。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応国内の生ゴミ全体の約半分は家庭から排出されるものです。
食品リサイクル法では家庭生ゴミに対する規制はありません。
「エコキッチン倶楽部」は新しい形の循環型社会のインフラとして提案しました。
”食べる人・作る人・運ぶ人”が一体となって安全な野菜を育てるリサイクルシステムをもっと見る・購入 楽天市場で”食べる人・作る人・運ぶ人”が一体となって安全な野菜を育てるリサイクルシステムを探す

amazonで”食べる人・作る人・運ぶ人”が一体となって安全な野菜を育てるリサイクルシステムを探す

Yahoo!ショッピングで”食べる人・作る人・運ぶ人”が一体となって安全な野菜を育てるリサイクルシステムを探す

Yahoo!オークションで”食べる人・作る人・運ぶ人”が一体となって安全な野菜を育てるリサイクルシステムを探す
オフィシャルサイト http://www.radishbo-ya.co.jp/ecokichenclub/index.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
グッドデザイン・フロンティアデザイン賞の人気グッドデザイン