路線図を使用した直感的な運行状況案内

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

鉄道の運行異常時における旅客案内

グッドデザイン・フロンティアデザイン賞

東日本旅客鉄道株式会社(東京都) 株式会社日立製作所(東京都)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

現行に付帯したそもそもあるべきはずのサービスだが、災害時、非常時など、デザイン性に優れたこのようなわかりやすいディスプレイは確実に必要である。

路線図を使用した直感的な運行状況案内の概要JR東日本の駅改札付近で列車の遅延情報を路線図を用いて表示する旅客案内。
既存の情報ソースを活用しながら、従来のLED表示器とは一線を画すグラフィカルな表示を実現。
路線図を示すことで遅延発生箇所との距離や影響範囲を直感的に伝え、同時に読みやすく整理されたテキストによって詳細な情報を伝える。
これにより駅利用客はごく短時間で情報全体の概要を掴むことができる。
開発プロセスにも特徴があり、路線図表示のためのシステム基本設計からデザイナーが行なうことで設計段階におけるデザインの妥協を最小限に抑え、デザイナーとJR研究者との対話、実際のフィールドでの実験を繰り返すことでデザインの質を高めて実施に至っている。
プロデューサー株式会社日立製作所 情報制御システム事業部 部長 汐見龍徳+東日本旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部 お客さまサービス部 部長 東充男
ディレクター株式会社日立製作所 情報制御システム事業部 主任技師 金田悦雄、伊藤 雅一+JR東日本研究開発センターフロンティアサービス研究所 柳澤剛、角田史記、矢島武幸
デザイナー株式会社日立製作所 デザイン本部 玉山尚太朗、柴田吉隆
路線図を使用した直感的な運行状況案内のデザインについていままでにないものをつくることを目指し、デザイナーと鉄道事業者内の研究者が対話とプロトタイピングを繰り返すことで大きな成果をあげることのできたプロジェクト。
実際のフィールドでベータ版を試すことのできる環境が複数回にわたり準備できたことで、アイデアに枠を設けることなく様々なことに挑戦することができた。
その結果として、情報デザインの力が存分に発揮された新しいものを生み出すことに成功した。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項駅利用者が一見しただけで、情報全体の概要を理解することができ、表示されている内容が必要のあるものか否かの判断ができること
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応既存の情報ソース(テキスト情報)を補完するデータベースを構築することにより、路線図形式での表示や難しい運行状況を×△○にカテゴライズすることを実現し、駅利用客が直感的に理解できる情報にすること
路線図を使用した直感的な運行状況案内をもっと見る・購入 楽天市場で路線図を使用した直感的な運行状況案内を探す

amazonで路線図を使用した直感的な運行状況案内を探す

Yahoo!ショッピングで路線図を使用した直感的な運行状況案内を探す

Yahoo!オークションで路線図を使用した直感的な運行状況案内を探す
オフィシャルサイト http://www.jreast.co.jp/press/2006_2/20061205.pdf

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
グッドデザイン・フロンティアデザイン賞の人気グッドデザイン